2017.01.31(最終更新日: 2017.04.26) 4510 views 楽曲1 音楽購入2 音楽・サウンドエフェクト9

低予算制作の時の楽曲探し

北アルプスの麓、長野県松本市を拠点に、自然やそこに暮らす人を題材とした映像作品を作っています。 人...

  • 1

※この記事はHiroki Kamadaさんの書いたハリウッドの映像制作者が使う音楽購入サイト 4選と併せてお読みください。

はじめに

クライアントさんから「お金が無いからフリーミュージック使ってよ」とか言われた事はありませんか?それ以前に楽曲にお金がかかるという事を知らないクライアントさんも多いくらいです。フリーミュージックを探すだけでも時間が掛かるのに、さらにいい感じの楽曲を探すとなるとさらに気が遠くなります。フリーミュージックを探しているあなたの時間も費用が発生しているのです。

まずあなたがクライアントさんに伝えることは
・いい映像にはいい楽曲が必要なこと
・フリーミュージックを探す時間にもお金が発生すること
です。

それでも無い袖は振れない場合もあります。そんな時に私が使っている比較的安く、ある程度のクオリティが担保されている楽曲ライセンスサイトを紹介します。

1.audioblocks

https://www.audioblocks.com/
費用 $99/年
コーポレイト系やループの楽曲が多いです。クオリティは低く無いのですが、センスのある楽曲はあまりありません。ただしSE(効果音)はとても多く重宝します。映画で使われているような効果音は一通り揃っています。姉妹サイトのvideoblocksはストックフッテージやAfter Effectsのテンプレートがあり年額99ドルで使い放題なので困ったときに助かります。

2.AudioJungle

https://audiojungle.net/
費用 $15〜19/曲が多い
audioblocksより使えそうな楽曲が多い。ボーカル曲も多少有り。クオリティはグッと上がってくる。GoproのPVで使ってそうな曲から静かなピアノ曲まで幅は広い。

3.JAMENDO

https://www.jamendo.com/
費用 スタンダードライセンス(オンラインユース) $49/曲
楽曲ライセンスサイトの老舗。以前はクオリティーのバラ付きがありましたが、最近グッとクオリティが上がりました。幅広い楽曲があり。ボーカル曲もたくさんあります。気に入った曲に似た曲を探す機能(See Similar Tracks)が便利です。ラージライセンスではDVDやTV番組でも使用できます。

あとがき

楽曲を探す時間は下手すると映像を編集する時間よりもかかることがあります。編集の合間など空いている時間に気分転換がてら楽曲を聴いて使えそうな楽曲をキープしておくことがとても重要です。
また$300程度支払えば、今回紹介したサイトより更にクオリティが高い楽曲を使えるサイトも多数あります。良い曲を使って映像のクオリティを上げると次の仕事にも繋がります。
MUSIC BED,](https://www.musicbed.com/),)NOISELYなどの楽曲は非常にクオリティが高いので映像のクオリティが格段にアップします。また良い曲を探す時間が省けるので最終的にはコストダウンになっていたということも多いです。

※ライセンスを購入したにも関わらずYoutubeにアップしたら「コンテンツに対して著作権侵害の申し立て」が来ることがありますが、異議申し立てを必ずしましょう。これは機械的に判断されているのでしょうがないのですが、クライアントさんのフォローもしっかりしてあげてください。
ちなみに権利を持っていないのに片っ端から著作権侵害を訴えてくる詐欺まがいの団体があるようですので注意してください。異議申し立てをしないと広告料が片っ端から持っていかれます。

気になる制作ノートは、
クリップしておくと
あとからいつでも見返したりできます。

Vook最新情報をお届けします

@VookJp 映像制作者のためのプラットフォーム「Vook」公式アカウントです。

Vookで開催しているイベント情報