2017.01.26(最終更新日: 2017.03.02) 114 views YouTube6 字幕5 キャプチャー2 アップロード2

YouTubeで字幕を入れる方法(自動同期ver.)

以前書いた記事では、字幕ファイルを使った方法直接字幕を入れる方法の2つを紹介しました。

この他にもYouTubeに字幕を入れる方法は

  • 字幕の自動同期(文字は直接入力)
  • 視聴者への字幕提供依頼(動画を共有した人に字幕を入れてもらう)
  • プロの翻訳を依頼する(見積もりを出してくれる)
    の3つがあります。

    今回は、字幕の文字を直接入力し、タイミングを自動同期する方法を紹介します。
    ※動画内と違う言語の字幕を入れる場合はこの方法は不向きかもしれません。

    準備すること

    字幕の文章は動画を見ながら入力できますが、字幕に入れる文章が決まっているなら、それをあらかじめ用意しておくと楽です。

    字幕作成手順

  1. [クリエイターツール]から字幕を入れる動画横の[編集]をクリック。[字幕]を選択します。

  2. [新しい字幕を追加]で動画内の言語を選択します。

  3. [文字起こしと自動同期]を選択します。

  4. すると、字幕入力画面に遷移します。
    入れる字幕の文章がある場合はそのまま入力してください。
    字幕を直接入力する場合は、音声を聞きながら文字起こしをしていきましょう。
    [入力中に動画を一時停止する]にチェックを入れておくと作業しやすいです。

  5. すべての入力が終わったら、[タイミングを設定]をクリック。自動同期が始まります。
    [終了]を押すと、同期されずに下書きの状態になります。

  6. 同期には数分時間がかかります。同期が完了すると、字幕は自動的に動画に追加されます。
    また、下書き状態でクリックすると、直接入力時の画面になり手動で字幕のタイミングなどを変更できます。

気になる制作ノートは、
クリップしておくと
あとからいつでも見返したりできます。

Vook最新情報をお届けします

@VookJp 映像制作者のためのプラットフォーム「Vook」公式アカウントです。