tdcg bold box camera clip comment director drone edit effect h1 h2 img lighting link list makeup music ol pc place producer search software tag ul video videographer view voice vook_note vook_port vook animation music2 nolink
2017.01.26(最終更新日: 2017.05.17 ) 1222 views

YouTube、Facebook、VRデバイスにVR動画を入れるのに必要なメタデータを入れる

my Japanという日本の魅力を30秒で伝える動画コンテストを立ち上げ、その後動画制作の会社を立ち...

  • 0

360°動画をYouTubeにせよ、Facebookにせよ、VRデバイスに入れるにせよ、メタデータを入れる作業が必要になってきます。
そこでどのようにすればメタデータを入れられるかを書きたいと思います。

1,メタデータアプリダウンロード

メタデータを入れるためには、Spatial Media Metadata Ingectorというアプリが必要になってきます。

そこでまずアプリをダウンロードします。

Mac用はこちらをクリック
Windows用はこちらをクリック

2,ファイルを展開して動画を入れる

ファイルを展開して、360 Video Metadata アプリを起動します。
その後、「Open」を押してファイルを選択します。

「Spherical360」 のチェックボックスを押し、「Inject metadata」のボタンを押します。
(3DのVR動画の場合は「3D Top-bottom」 のチェックボックスを押します)
その後ファイル名を選択してください

そうすると、VR動画の出来上がり!
これでFacebookやyoutube、VRデバイスに入れることができます!

気になる制作ノートは、
クリップしておくと
あとからいつでも見返したりできます。

ログインするとコメントできるようになります。
ログイン  新規登録

Vook最新情報をお届けします

@VookJp Vook Twitterアカウント

Vookで開催しているイベント情報