2017.01.26(最終更新日: 2017.03.23) 585 views VR23 360°動画14 編集61

YouTube、Facebook、VRデバイスにVR動画を入れるのに必要なメタデータを入れる

my Japanという日本の魅力を30秒で伝える動画コンテストを立ち上げ、その後動画制作の会社を立ち...

  • 0

360°動画をYouTubeにせよ、Facebookにせよ、VRデバイスに入れるにせよ、メタデータを入れる作業が必要になってきます。
そこでどのようにすればメタデータを入れられるかを書きたいと思います。

1,メタデータアプリダウンロード

メタデータを入れるためには、Spatial Media Metadata Ingectorというアプリが必要になってきます。

そこでまずアプリをダウンロードします。

Mac用はこちらをクリック
Windows用はこちらをクリック

2,ファイルを展開して動画を入れる

ファイルを展開して、360 Video Metadata アプリを起動します。
その後、「Open」を押してファイルを選択します。

「Spherical360」 のチェックボックスを押し、「Inject metadata」のボタンを押します。
(3DのVR動画の場合は「3D Top-bottom」 のチェックボックスを押します)
その後ファイル名を選択してください

そうすると、VR動画の出来上がり!
これでFacebookやyoutube、VRデバイスに入れることができます!

気になる制作ノートは、
クリップしておくと
あとからいつでも見返したりできます。

Vook最新情報をお届けします

@VookJp 映像制作者のためのプラットフォーム「Vook」公式アカウントです。

Vookで開催しているイベント情報