2017.02.07(最終更新日: 2017.03.28) 286 views 配信1 BMD2 スイッチャー2 4K32 収録1

配信がさらに手軽に!Blackmagicの新製品、ATEM Televison Studio HD+Web Presenter+HyperDeck Studio Mini

  • 0

Blackmagic DesignがATEM Televison Studio HD、Web Presenter, HyperDeck Studio Miniを発表、出荷を開始

Blackmagic Designは、日本時間の2月7日に3つの新製品を発表しました。

ATEM Television Studio HD

ATEM Television Studio の進化版。8系統(SDI&HDMI)の入力、内蔵トークバック、マルチビュー、Auxおよびプログラム出力、アナログオーディオ入力、トランジションやDVEもついて$995! (日本価格 ¥113,800)


ラックの⅔のスペースに収まる超コンパクトサイズながらフロントパネルでのスイッチングも可能です。BlackmagicのWeb PresenterやHyperDeck Studioと組み合わせてラックマウントすれば見た目もすっきり。デスクトップで使うことももちろんできます。小さくて軽量なのでどこへでも携帯できます。

  • 3G-SDIx4、HDMIx4の合計8系統入力。すべて自動再同期に対応
  • SDから720p、1080i、1080p HDまで、最大60fpsですべてのビデオフォーマットに対応
  • 8系統のソースおよびプレビュー、プログラム出力に対応した内蔵マルチビューx1
  • 内蔵メディアプール(20個のRGBAスチルを保存可能)
  • 3Dボーダー、ドロップシャドウ対応の内蔵DVE
  • カット、ミックス、ディップ、SMPTEワイプなど多彩なトランジション
  • クロマキーヤーを含む1系統のアップストリームキーヤー、2系統のダウンストリームキーヤー
  • 1系統のAux出力。フロントパネルにAux切り替えボタン、確認用LCDスクリーンを搭載
  • 内蔵オーディオミキサーで、すべてのビデオ入力のエンベデッドオーディオおよび独立した オーディオ入力をライブミックス
  • バランスXLRのステレオアナログオーディオ入力

Web Presenter

12G-SDIおよびHDMI接続を搭載したBlackmagic Web Presenterは、高価で複雑なセットアップのストリーミング専用エンコーダーに代わる製品でプロ仕様のカメラを使って高品質のビデオをお気に入りのソフトウェアやウェブサイトにストリーミングできます。価格はUS$495(¥56,980)。

SD/HD/Ultra HDソースをダウンコンバートし、720pのウェブカメラの映像かのように認識させることができるのです。

Blackmagic Web Presenterは一般的なウェブカメラとして認識されるので、ウェブカメラと互換しているソフトウェアを使って、放送品質のソースからのUSBビデオとオーディオを、ドライバーを追加する必要なく配信できます。

インターネット放送、ゲームの実況、セミナーや会議など様々な場面で活用できる製品です。1/3ラックサイズの超コンパクトな筐体はどこへでも持ち運びでき、あらゆる場所でストリーミングが可能になります。

  • あらゆるSDIまたはHDMIソースを720p HDフォーマットのUSBウェブカメラビデオに変換
  • ドライバー不要。Open Broadcaster、XSplit Broadcaster、YouTube Live、* Facebook Live、Periscope、Twitch.tvなどの人気ストリーミングソフトウェアを使用可能。
  • 2160p60までのあらゆるSD、HD、Ultra HD入力ソースをサポート
  • 12G-SDI入力(12G-SDIループ出力を含む)搭載
  • 12G-SDIプログラム出力。ライブスイッチング中のマスター収録に最適
  • HDMI 2.0入力(独立したHDMI 2.0ループ出力を含む)搭載
  • ライブスイッチング用のHDMIビデオ入力再同期機能
  • XLRバランスmic/lineオーディオ入力。
  • 民生用HiFi接続(2チャンネルのオーディオ入力)
  • Teranex品質のダウンコンバーター
  • オプションのTeranex Mini Smart Panelと併用した場合、2系統の入力を搭載したスイッチャーとして使用可能

HyperDeck Studio Mini

世界初のデュアルSDカードスロット搭載の超小型放送用デッキ。4K30Pまで対応で$695(¥79,980)で発売!

Web Presenterと同様の超コンパクトサイズで、SDカードに収録するタイプのレコーダーです。マルチカム撮影でのISO収録に使用できるだけでなく、巨大なマルチスクリーンのデジタル広告の再生デッキとして、クライアントのオフィスや劇場での確認や承認用、ポストプロダクションで編集システムとの併用も可能。さらに、ライブプロダクションスイッチャーに放送用グラフィックアニメーションを送信するためのフィル&キーソースとしても使用でき、あらゆる場面で活躍できます。

  • SD/HD/Ultra HD収録・再生
  • 6G-SDI入力 x1、6G-SDI出力 x1、HDMI出力 x1
  • デュアルSDカードスロットにより、通常のSDカードやUHS-IIカードを使用した継続的な収録が可能
  • ProResおよびDNxコーデック対応
  • フィル&キー付きProRes 4444再生
  • LCDスクリーン(モニタリング、ステータス情報、メニュー設定)
  • イーサネットを使用したFTP
  • イーサネットまたはRS-422接続によるリモートコントロール
  • 内蔵シンクジェネレーター
  • イーサネット給電、PoE+
  • 電源内蔵
気になる制作ノートは、
クリップしておくと
あとからいつでも見返したりできます。

Vook最新情報をお届けします

@VookJp 映像制作者のためのプラットフォーム「Vook」公式アカウントです。

Vookで開催しているイベント情報