tdcg bold box camera clip comment director drone edit effect h1 h2 img lighting link list makeup music ol pc place producer search software tag ul video videographer view voice vook_note vook_port vook animation music2 notice user color
2017.05.13(最終更新日: 2017.05.17 ) 1118 views

4Kに対応するケーブル、ストレージ、モニター(1)

ロサンゼルスと日本を拠点に映像制作を承っております。映画、TVCM、ミュージックビデオからVR動画ま...

  • 10

4K編集に必要なビットレート

実は現在新しいPCを構築中なのですが、せっかくなので学んだことをシェアしようと思います。

DCI 4K, 24fps, 10bit, 4:4:4の場合

まずは映画の4K編集のことを考えて、PCを組み立てることにしました。

ゲーマーでは無いですが、かなりのスペックが必要かと思い計算すると、結果は11.14Gbps。これはメガバイト計算にすると凡そ1400MB/sです。(1 Gbps = 125 MB/s) つまり、PCを作る上で12Gソリューションが必要になるということです。ちなみにExtron Electronicsの4Kデータレート計算機は非常に便利ですので、ぜひお試しを。


参照:Extron Electronics


参照:GbMb

12Gに対応しているケーブル

徐々に12Gbpsに対応した商品がここ数年で増えてきました。まず、12Gbpsを超えるケーブルでよく名前が出てくるケーブルを並べてみます。

  • 12G SDI ケーブル
  • Thunderbolt 2&3 ケーブル - ちなみにThunderbolt 2でも20Gbps (20G) あります。Thunderbolt 3は40Gbps (40G)です。
  • HDMI2.0 ケーブル - 18 Gbpsありますが普及していません。HDMI 1.4は、凡そ10Gbpsです。
  • Display Port 1.3&1.4 - ほとんどの低価格モニターは、DP (Display Port) 1.2です。(DP 1.2は5.4Gbpsまで対応)

(注意) HDMI 1.4はDCI 4K, 24fpsまで対応していますが、色深度は8bitまでしか対応していません。10bitに対応しているモニターを使う際には、HDMI1.4は避けてください。

10bitに対応しているケーブル

12Gはクリアしましたが、10bitの色深度を伝送できるものはどれでしょうか?

  • 12G SDI - ポスプロのスタジオ仕様
  • Thunderbolt 1&2&3
  • HDMI2.0
  • Display Port 1.2&1.3&1.4
  • USB 3.1 - 伝送速度は10Gbpsまでです。
  • SATA 3.2 - 外部のRAIDストレージ接続やモニター接続には対応してません。

概ね、ストレージとの接続にはThunderbolt2&3が良さそうです。モニターとの接続は、12G SDI, HDMI2.0, もしくはDisplay Port1.4ということになりそうです。

スピードと正確さ

考えるべきはストレージとモニターです。CPUやGPUやその他のコンピュータパーツは、4Kに対応していることとして話を進めます。ここから先は実際に自分のテスト(ベンチマーク)に従っているわけではなく、リサーチから学んだ理論上の話なので、必ずしも正確では無いと思いますが良ければご覧ください。

ストレージ

自分が使っているモニターは、まだQHDなので12Gに対応するケーブルである必要はありませんが、ストレージからのデータレート速度は大切です。PCの場合は「外付け」と「内蔵」がありますが、12Gに対応しているものは「外付け」になると思います。内臓はSATAを使った3.5インチのHDDを内臓出来ますが、HDDでは4つの15000rpm(!) HDDでRAID5を組んでも450MB/sほどだそうです。(注)RAID0は使わない方針で考えましたが、もしもRAID0をバリバリ使っている方がいらっしゃれば、テスト結果やバックアップ対策なども含めて教えてください。


RAIDベンチマーク / 参照:CMAN IT性能比較実験


ベンチマークに使用した機材 / 参照:CMAN IT性能比較実験

さて「外付け」の場合は、San Diskさんなどの読み書き500MB/sほどある2.5インチのSSDカードを使ったRAID5を組むのが最速だと思います。コスパを考えても、個人レベルではこれくらいが限界かと思います。この場合は、Promise TechnologyのP2M4というタイプがモバイルタイプで良さそうです。Thunderbolt 2 (20Gbps)接続なので、ケーブルは余裕で4K対応しています。


参照:B&H

実際にP2M4で、4つのSSDを使ったRAIDを組んだ人のデータを見つけました。RAID0かRAID5かは書かれていませんでしたが、かなり早いです。


参照:B&H

12Gbpsまではいきませんね。CinemaDNG RAWは12bit(ウェーブレット圧縮率3:1もしくは4:1は大丈夫かも)なので厳しいかもですが、それでもUHD4K 10bit Prores 4444は多分リアルタイムなプレイバックが出来ます。UHD4K 10bit Prores422HQは楽勝ですので、これだけあれば十分です。Prores 4444XQは未来対応の12bitなので普通に今はオーバーキルです。(以下、Apple Proresの伝送速度の参考 by ARRI)


参照:ARRI Amira Workflow

モニターについては次回に続きます。。。

気になる制作ノートは、
クリップしておくと
あとからいつでも見返したりできます。
  • Thumb 130 183692

    Yuichi Horikawa

    2017.05.15

    初めまして、いつも記事拝見しています。
    最終的に構築される予定のPCも知りたいなと思いました。
    こういう計算は好きなので、見ているだけでわくわくしますね!

  • Thumb 130 15774943 10206145483276448 5413982477492095468 o

    鎌田 啓生 / Hiroki Kamada

    2017.05.15

    いつも見て頂いてありがとうございます。早く4Kに対応したくてウズウズしておりました。PCは月末完成なので出来上がったらシェアしますね。

  • Thumb 130 p1260516 1

    Tomohiro Ota

    2017.05.16

    ストレージで高速な転送速度を得たい場合は、現段階では「NVMe対応M.2 SSD」が適していると思います。リード2000MB/s超えます。保存データはHDDで、編集中のデータ置き場としての使用が適当かと思っています。

    M.2接続のSSDには、通常のSATA接続(通常のSATA転送速度とまり)となるSATA規格のものと、PCI Express接続となるNVMe規格(超高速)のものがあります。マザーボードにNVMe対応M.2スロットがあれば(最近のものであれば、まずあると思います)、そこにNVMe対応M.2 SSDをさせばストレージとして認識されます。性能はSSD次第ですが、軽く2000MB/sを超えるものが沢山あります。私は「PX-256M8PeGN」を使用していますが、容量の半分データが埋まった状態でも、ソフトで計測するとシーケンシャルリードは2000MB/sを超えています。

    マザーにソケットがない場合は、M.2→PCI Expressソケットへの変換アダプターが数千円であります(単純な配線置換のみですので、安いもので何ら問題ありません)。M.2 SSDを変換アダプターに設置して、PCI Express(Gen3)×4以上のスロットにさせば、同じ性能が出ます。

    通常のSSDやHDDと違って気をつける点はありますが、超高性能です。気をつける点とは発熱です。高性能がゆえにコントローラーの発熱が多く、冷却ができていないと最大性能が低下します(安全装置が働いて、性能を抑えるため)。

    もう一つの難点は高価な点です。1TBのNVMe対応M.2 SSDとなると、5万以上しますので。

  • Thumb 130 p1260516 1

    Tomohiro Ota

    2017.05.16

    すみません。メモ帳で作成したものをペーストしたので、挨拶抜けていました。いつもためになる記事有難う御座います。書いた後に気付きましたが、上記はWindows環境のみとなります。

  • Thumb 130 15774943 10206145483276448 5413982477492095468 o

    鎌田 啓生 / Hiroki Kamada

    2017.05.16

    Otaさん
    コメントありがとうございます。M.2の「PCI Express接続となるNVMe規格(超高速)」、むむむ。とてつもなさそうですね(笑)1TBだとストレージが足らないかもしれないんですが、M.2スロット2つありました。これって2つでRAID0も組めるんでしょうか?

  • Thumb 130 p1260516 1

    Tomohiro Ota

    2017.05.16

    よかったです、windows環境でしたか。15万くらいしたとおもいますが、2TBのNVMe SSDもあります。M.2ポートが2個あっても、1個がNVMeで、もう一個がSATAって事もあります。マザーボードによっては、2個両方NVMeでRAID0くめるものもあったと思います。
    マザーボード型番お分かりになりますか?

  • Thumb 130 15774943 10206145483276448 5413982477492095468 o

    鎌田 啓生 / Hiroki Kamada

    2017.05.17

    15万ですか。でも2000MB/sは魅力的ですね。Promise Pegasus 2 M4はポータブルなので割と便利なのですがね。マザボはMSIのX370 XPOWER GAMING TITANIUMというやつにしました。

  • Thumb 130 p1260516 1

    Tomohiro Ota

    2017.05.17

    なるほど、AMDのRYZENですね。動画編集などにおいて、もの凄くコストパフォーマンス高いですよね。
    お使いのマザーでは、上のM.2ポートは性能がフルに発揮できますが、下段は使用帯域が限られる(遅くなってしまう)仕様です。M.2を2個設置してOS上でRAIDを組むことは可能と予想されますが、ご検討ならPCご購入店(ショップBTO?)に相談したほうが良いと思います。あとはとりあえず1TBを1個(5~6万)での運用や、2TBが安くなるまで待つ(1,2年すれば半額近くになるかもしれません)ですかね。

  • Thumb 130 15774943 10206145483276448 5413982477492095468 o

    鎌田 啓生 / Hiroki Kamada

    2017.05.18

    Otaさん、詳しくご説明本当にありがとうございます。今まではMacでしたが、10bit 4Kの編集を考えてWindowにしました。なのでWindow初心者です。とりあえずは外付けで1000MB/sのスピードが出れば、対応できるので2TBのM.2のSSDが安くなるまで待ってみます。とか言ってるうちにMacPro2018が出るかもしれませんが... 近くのPCショップに相談してみます!

  • WhoSawWho

    2017.06.16

    わかりやすい記事をありがとうございます。
    私も今、ストレージを探していてこちらにたどり着きました。
    Blackmagicさんのこちらの記事によると
    http://vook.vc/n/187/
    SSDを使わずとも1460MB/sはでるとのこと。
    コスパは良いと思います。
    こういったRaidストレージは自分でもっと容量の大きなHDDを購入して差し替えてもパフォーマンスは出るものなのでしょうか・・・?

ログインするとコメントできるようになります。
ログイン  新規登録

Vook最新情報をお届けします

@VookJp Vook Twitterアカウント

Vookで開催しているイベント情報