2017.05.18(最終更新日: 2017.05.18) 716 views

URSAmini にはRODE NTG3がベストマッチ!

ビデオグラファーとして、ノンフィクション・コマーシャル映像の制作を行う。プロジェクトに寄り添った形の...

  • 0

URSA miniの音の収録レベルが低すぎる!

これまでCanon C100で使っていたRODEのガンマイクNTG4を
URSA mini にXLRで直接さしたところ、全ての設定でレベルをあげて、
インタビューで対象の近くにガンマイクを入れても、
メーターの半分くらいまでしか音が上がらないという状況が発生!
どうやらURSA miniはかなり音声の入力レベルが
低めに設定されているということがわかりました。

ミキサーをかませば解決することはわかっているのですが、
ワンマンでドキュメンタリー撮影の多い私には、
その選択肢はちょっと選ぶことのできないもの。
この問題の解決方法を模索していました。

NTG3なら解決!

そんなときにRODEガンマイクの上位モデルNTG3を試してみたところ、
この問題が一気に解決しました!

実際にNTG3とNTG4を2台並べて左右チャンネルに入力してみると、
以下のように同じ設定でも収録レベルに大きな差が出ました。

きちんとマイクを突っ込めば-6くらいまで収録が可能になりました!
これでミキサーかますことなく、ガンマイク収録が
できるようになりました!よかったです!!

気になる制作ノートは、
クリップしておくと
あとからいつでも見返したりできます。

Vook最新情報をお届けします

@VookJp Vook Twitterアカウント

Vookで開催しているイベント情報