bold box camera effect h1 h2 img link list music ol software ul video
2017.01.26(最終更新日: 2017.05.17) 1520 views

タイトルシークエンスを作る方法(After Effects, Photoshop)

  • 0

今回は前回紹介した写真のイメージで背景を作る方法を利用してタイトルシークエンスを作ってみましょう。

今日の完成作はこちらです。

完成作はちょっと単調になりましたが今日のやり方で色んなデザインができるので自分の個性を入れてアレンジしてみてください。
では、早速始めましょう!

手順(1)-Photoshop〜psd形式で保存

  1. Photoshopで「ファイル→新規」を押してください。
  2. ドキュメントの種類を「フィルムとビデオ」にしてサイズを「HDTV 1080p/29.97」に設定してください。
  3. その後背景に使いたい色相を持ってる写真に読み込みます。

  4. 「フィルター→ぼかし→ぼかし(ガウス)」を選択してください。

  5. ちょうどいいところまでぼかしてください。

  6. 背景と重ねる写真のイメージをもう一枚読み込んでください。
    私の場合はピンボケした光の写真を用意しました。

  7. 読み込んだら下の背景と重ねたいので通常と書いている描画モードを変えてください。
    私の場合はスクリーンにしましたが、イメージ色味や明るさ、ライティングによって選択してください。


  8. 終わったらpsd形式で保存してください。

    手順(2)-After Effectsでレイヤーに動きを与える

  9. After Effectsを開いて保存したpsdファイルを読み込んでください。
    読み込む時レイヤーオプションで必ずコンポジションを選択してください。

  10. 読み込んだイメージにロゴを入れてください。(私は文字を打ちました)

  11. レイヤーに動きを与えましょう。今回はエクスプレッションを使いたいと思います。
    イメージを揺らしたいので揺らすレイヤーにpを押して位置を出してください。Altを押しながらタイムウォッチをクリックしてください。
    するとこのようにタイムラインの文字を入れられるようになります。

  12. エクスプレッションを適用しましょう。文字をいれられる欄に[wiggle(.5,40)]と入れてください。

  13. 光の効果を入れるためにレイヤー→新規→調整レイヤー」を選択してレイヤーを作ってください。

  14. エフェクト→カラー補正→輝度&コントラスト」を選択してください。

  15. エフェクトコントロールの輝度のストップウォッチをAltを押しながらクリックしてください。

  16. 光のクラクラ感を入れるためにエクスプレッションを「wiggle(2,40)」と入れます。

  17. 調整レイヤーと背景のイメージレイヤーたちをプリコンポーズします。

  18. 文字やロゴに動きをつけてください。
    私は上から下に降りてくる動きをつけました。

  19. 下に降りてきた文字にも浮遊してる動きをつけたいので新しいヌルレイヤーを作って「エフェクト→エクスプレッション制御→スライダー制御」を選択してください。

  20. 文字やロゴのレイヤーの位置にエクスプレッションを入れます。wiggle(.5と書いてそのまま「エクスプレッション:位置」にある親子結びのアイコンをスライダーまでドラッグしてください。
    スライダーの数値を変えて動きをつけます。

    ロゴが馴染んで欲しかったので私はモードをソフトライトにしました。そこは個人の好みで変えてください。
    これで出来上がりました!

    完成映像例

    改めて完成した形を見てみましょう。

気になる制作ノートは、
クリップしておくと
あとからいつでも見返したりできます。

Vook最新情報をお届けします

@VookJp Vook Twitterアカウント

Vookで開催しているイベント情報