tdcg bold box camera clip comment director drone edit effect h1 h2 img lighting link list makeup music ol pc place producer search software tag ul video videographer view voice vook_note vook_port vook animation music2 nolink
2017.01.28(最終更新日: 2017.05.17 ) 1055 views

スタジオ撮影に合わせた機材選び、動画とソーシャルの関係性

「少人数スタイルで動画づくりを行う"ビデオグラファースタイル"のクリエイターが集まる場」 「ビデオ...

  • 0

2016年6月30日、VIDEOGRAPHER'S NIGHT vol.7が開催されました。
ビデオグラファーズナイトVol.7のテーマは「VIDEOGRAPHER'S workstyle」みんなのワークスタイル。

テクノロジーや環境の変化により、ビデオグラファーのワークスタイルは常に変化します。また制作内容に合わせてもワークスタイルは変わります。
制作プロセスから機材、パッキングに至るまで、どのようなスタイルで制作を行っているのかを共有しました。

この記事は、ビデオグラファーの松浦英雅さんのプレゼンテーションになります。



松浦 stylebrainの松浦と申します。よろしくお願いします。

(会場 拍手)

映像制作に至るまでの異例のキャリア


松浦 僕のことを知らない方も多いと思うので、自己紹介を書いてます。
一応株式会社として14年やってきてまして、ビデオグラファーとしてはここ2年くらいになります。
元々はですね、ステージの演出をやっていたので会社もステージの演出をメインに始めたんですけども、だんだん映像案件が増えてきたりしていて、今、完全に映像にシフトしたというのが現状です。

その間に、ウェブの制作会社作ったりですね、左下にあるんですが映画の製作委員会の幹事会社やったりとかですね、諸々やって結構借金こさえて現在に至るというところです。

会場 (笑)


松浦 これ、さらっと流してくださいね!(笑) あとで聞いてください(笑)
で、じゃあ今どんなの作ってるのっていうとですね、皆さんと同じようなPR系の動画っていうのが多いです。そのほかはですね、この「Life Cinema」っていうのを実はやってまして、これを始めたのがきっかけで自分でも撮るようになったというのがあります。

これはですね、高齢者の方が自分の人生を映画として残しましょうよっていうのをサービスとして始めたんですが、実際あまり個人からのオーダーっていうのが顧客開拓が出来ませんでした。
わりと企業さんの会長さんが2代目に会社を譲る時の記念映像みたいな形で受注したりとかですね。
そういうのがこの2年間くらいでちょこちょことあったかなあという感じです。

でも、結構出すんですよ。
一番安くても150万くらいで一番高くて750万くらいなので、ちゃんと開拓すれば商売になるのかなと思うんですけど、なかなかアプローチができなくてわりと今放置しぎみです。

ソーシャルメディアでの動画活用の波


松浦 じゃあこれから何やっていくのかっていうのがですね、実はありまして、PR系の動画ってやっぱり単価が100万前後から最低ラインだと30万くらいじゃないですか。

で、それだけでは冒頭の用に色々お金がいりようなので次何やるかっていうとですね、皆さんもう気づいてると思うんですけど、ソーシャルメディア、facebookとかですね、動画がガンガンフィードに流れてくるじゃないですか。
で、あれに特化した制作体制を作ったら売れるんじゃないかなって思ってます。

ちょうど今日、「コンテンツマーケティングEXPO」っていうイベントがあって行ってきたんですけど、僕出展してないのに、出展してるコンテンツマーケティングやってる会社さんにこういうことやってるんですよって話したら、結構食いつきよくて、それをやっていこうかなと今、思ってます。

まだ何にもないんですけど、自分の会社の中で今「VIDEO FEED」っていう事業名で秋ぐらいからサービスはスタートしていこうかなと思ってます。
これはもう全部受託なんですけど、とあるキャバクラ系の求人サイトをやってるところがあって、そこのコンテンツの一つとして一日一本ずつ動画を作るっていうのは決まってるので、そこからノウハウは貯めていこうかなというところです。

でまあ、そのために簡易スタジオを作ろうかなと思って先々週くらいに引越しをしたらですね、大家さんと揉めまして(笑)
とっとと出たいなっていう思いがあります。
これもまた、交流会で話します(笑)(後日談:入居一か月で退去しました)

参加者 その時また裁判とかするんですか?(笑)

松浦 しないしない(笑)壁ドンですよ?じゃあそれまたあとで話しましょう(笑)(後日談:多分します)

スタジオ撮影に重点を置いた機材構成

松浦 で、もうカメラはGH4で統一しようと思ってます。
なんでGH4にしようかっていうと、なんだかんだで皆さんほぼ全員持ってるじゃないですか。
なので、ほぼスタジオワークになるんですが、誰が来ても、もうカメラが足りなくても誰か持ってる、ある程度使えるというのがあるのでGH4にしようと思ってます。

ズーム不要。単焦点で統一


レンズなんですが、全部シグマのアートラインで統一しようと思って、今買い始めてます。
なんでアートラインにしようかって思ったのが、描画が優れてるっていうのが一つと、スタジオ撮影なのでズームをあまり使わなくて済むっていうところで。
単焦点で、描画が良くてコスパがいいっていうところでシグマにたどり着いたっていうところです。

で、今20mm、35mm、50mmで揃えたんですが、スタジオに想定しているところがそんなに広くないので、バストアップと手元動画、要は今度「C CHANNEL」みたいなのを今度やるのでそんなに広い画もいらないし、全身を撮らなきゃいけないというのもないので、このアートラインの3本で揃えようかなと思ってます。

その他はですね、スタンドとしてはLibex ALXスライダーとですね、あとオートポールが今4本あるので、それをうまく使っていこうかなという風に思ってます。
オートポールはまだ撮影が始まってないのでちょっと使い方はなんとも言えないんですけど、基本的には背景だったりとか、カメラを天吊りする時に使ったりとかっていうので一応考えてます。

あとはですね、VS-443Qっていうのがこう、三脚からニョキっと出る俯瞰の映像を撮れる機材なのでそれを1,2本揃えようと思ってます。
これまだ買ってないんですけど。

参加者 先週買いました。

松浦 マジっすか!どうですか、使い勝手。

参加者 使いやすいです。


松浦 安いですよねあと。1万円いかないので。
あとライトは、LUXPAD43とLUXPAD22。
まあスタジオ撮影はLUXPAD22は使わないと思うのですが、LUXPAD43が一台だけあるのでこれは増やしていこうと思ってます。
で、ソフトボックスを全部取り付けていこうかなという風には思います。ってところですかね。

一応そんな感じで簡易スタジオ構築中です。
どうしても一人で、伊納さんにしろ松本さんにしろ、一人ないしは何人かで外でやるっていうのはあると思うんですけど、僕はお二人に全然敵わないミニマムな構成でやってるので、今回は一人ないしは数人でできるスタジオ構成を紹介させていただきました。
何か質問あれば。

司会 ありがとうございます。質問ありますか。

質問者1 VS-443Qってどれくらい伸びますか?

松浦 60cmです。

質問者1 僕いつもそういうのをやるときはスタンドのヘッドとアームだけ持ってって、ライトスタンドに刺してデジアナを入れるやつがあるのでそれに入れてアームで挟んでってやってるんですけど、やっぱり水平が撮りづらかったりとかするんですよ。

参加者 あと純粋に重いから持っていくのも大変ですよね。

質問者1 でも、ヘッドだけなんで、特に。

参加者 だってあれ、VS-443Qは500gくらい・・・。

質問者1 マジっすか(笑)
でも、120cmくらいあるので、結構長めで撮りたいとか、キッチンの幅がある時とか撮りやすくて。

オートポールに、ポールを入れてそこから撮ろうかなとも思ったんですけど、でもオートポールその度に動かさなきゃいけないよなあとか色々考えて、まだ構築しきれてないのは正直ありますね。

質問者2 スタジオは基本バックは背景紙とかするんですか?単色で。

松浦 そうですね。今単色で、シートを5,6本持ってるのでそれにもう少し追加していこうかなと思ってます。
派手な色を入れようかなと思ってます。

質問者3 シグマの20mmってフードが外れないじゃないですか。
あれってどうやって収納してますか。
邪魔で邪魔で、20mm欲しいんですけどあれが外れないと結構邪魔なんで・・・。

松浦 持ち運ばないので特に気にしてないです。
なので、実際稼働してみないとあれが足りないこれが足りない、こういうのないかなあっていうのが出てくると思うんですよね。

映像制作ができることで活躍の幅が広がる


多分これから、どんどん増えてくると思うんですよ。ソーシャルメディアに動画を使いたいっていう会社って。
今それをやってる会社ってそんなに多くないし、注目してる会社さん、要は特化した会社がないんですよ。
なので、まだまだビデオグラファーでも開拓できる分野になるのかなあと思いますね。

結構YouTuberさんとかで、手元のTipsみたいなのやってる人たちとか、それこそレシピ動画やってる人たちなんかがそういうのを受け始めてるっていう話も聞くので・・・。
結構いい金額もらえるんですよね。

参加者 どれぐらいですか?(笑)

松浦 料理動画をやっている友人に聞いたら完パケのレシピ提供で30〜40万くらいって言ってました。
友人は今もサラリーマンなんですけど、スイーツ関係のレシピ動画をずっとYouTubeにあげてる人がいて、チャンネル登録2万人くらいいるんですよね。

で、要は普段作ってる動画の延長戦なんで、わりと楽だって言ってましたね。
彼は、奥さんがパティシエなので、全部自宅でやってるんですよ、撮影も。
でも本人サラリーマンなんですよ、基本は(笑)

という感じで、簡易的なスタジオは皆さんでも持てるんじゃないかと。
もう少し稼働し始めたら、ご紹介したいと思います。

司会 ありがとうございます。

気になる制作ノートは、
クリップしておくと
あとからいつでも見返したりできます。

ログインするとコメントできるようになります。
ログイン  新規登録

Vook最新情報をお届けします

@VookJp Vook Twitterアカウント

Vookで開催しているイベント情報