2017.01.28(最終更新日: 2017.03.23) 565 views Shutterstock1 ストック素材2 編集61

Shutterstockを使った動画編集について

ロサンゼルスと日本を拠点に映像制作を承っております。映画、TVCM、ミュージックビデオからVR動画ま...

  • 0

ストック動画素材

最近のストック動画素材はクオリティが非常に高いものが数多くあります。4Kにも徐々に対応しており、今後、企業PRやイベント向け映像などを作成する時にはストック映像を使った作成を考えても良いかもしれません。

先日クライアントの方の依頼を受け、ストック素材の動画を使った企業向けの映像を編集しました。
尺はおよそ2分弱。
使った素材の数は29ショットでした。

僕が実際に使ったサイトは「Shutterstock」と言って、クリエーターに必要な機能をすべて備えた最強のストック素材サイトです。

Shutterstock - シャッターストック

引用:Shutterstock

シャッターストックは非常にユーザーフレンドリーで、ストック素材を使った映像制作に最適です。利点をいくつか書きました。

1. 画面サイズに合わせてサイトのレイアウトが変わるため、非常に使いやすい

開いているブラウザに常に最適化されるようにサイトがデザインされているため、スマホでもパソコンでもiPadでも、自分のデバイスに合わせて使いやすいレイアウトで画面を見ることが出来ます。

2.動画カンプライセンス

ウォーターマーク付きの低解像度動画をカンプ(「カンプ動画」)をラフカット評価素材のみで使用する権利を付与します(Shutterstockより)。
Shutterstockがストック動画を使って編集する上で最適なサイトである理由はココにあります。カンプライセンスはアカウントを作りさえすれば、低解像度の素材をタダでいくらでもダウンロードできる機能です。

引用:Shutterstock

3.購入せずに、編集された完成動画をクライアントと共有できます

これはラフカットを作ることを目的として搭載された機能で、映像編集をする人であれば、この機能がどれだけ大事かがわかると思います。

さらにシャッターストックでは、この動画カンプをアーカイブできるクリップボックス機能があります。編集作業が終わりピクチャーロックをした後で、サイトのクリップボックスに戻り、使わなかった素材を削除した後で「購入」ボタンを押すと、それだけでHDもしくは4Kの完パケ用のHD素材をまとめてダウンロードできるのです。

引用:Shutterstock

4. 視覚的に類似しているものをリストアップしてくれる

シャッターストックには自分が見つけた素材と似た映像を自動的に探し、並べてくれる機能がついていて、自分が一番使いたい素材を簡単に見つけることが出来ます。この機能もとても便利です。

引用:Shutterstock

5. 英語でも日本語でもサーチ可能で、ほぼ同じ検索結果が出る

英語でなければ見つからない素材もありますが、ある程度の素材は日本語サーチに引っかかってくれるので非常に簡単にサーチ出来ます。

もしも25ショットまで、と決めて制作をする場合は動画パックを購入すれば予算を完全に固定した状態でクライアントの方に交渉することもできます。1-2分の動画なら、25ショットあれば自分がやりたいように素材を編集することができると思いますよ。

引用:Shutterstock

気になる質問まとめ - Shutterstockのサイトより抜粋

1. 画像や動画を使用する際には、Shutterstockやアーチストのクレジットを表記する必要がありますか?

「エディトリアル」として使用される全ての画像や動画(ビジュアルコンテンツ)は、次の形式でコンテンツのクレジットを表示する必要があります。
「作者名/Shutterstock.com」
詳細はコチラ

2. エディトリアルコンテンツの使用目的

「エディトリアル」使用とは、ニュースバリューや社会的関心のある情報や記事にコンテンツを使用することです。ニュース記事、ドキュメンタリー、ノンフィクションなどがその例です。ビジュアルコンテンツは、「エディトリアル使用のみ」という表示の有無のかかわらず、すべてエディトリアルとして使用することができます。ただし、「エディトリアル使用のみ」と表示されたコンテンツは、商業目的に使用することができません。
詳細はコチラ

3. Shutterstock動画素材ライセンスが許可される使用範囲は?

動画素材に対するライセンスは1ライセンスのみです。各種ビデオ製作、ライブパフォーマンス、およびウェブサイトで、使用場所を問わずどこでもビデオクリップを利用できます。ビデオクリップの使用については、現場での観客動員数、予算などに対する制限はなく、いつでも利用できます。(詳細はコチラ

4. 標準ライセンスと特別ライセンスの違い

特別ライセンスは、さらに全体的な柔軟性を提供します。 テレビ、オンライン動画、映画ビューア、動画制作予算も無制限となります。
標準ライセンス (月額サブスクリプションとオンデマンド画像プラン)では、お客様のビデオ製作予算が1万ドル未満でれば、無制限視聴者として画像を使用することができます。(詳細はコチラ

まとめ

正しくストック素材を使えば、幅広い映像制作に取り組むことができるようになります。
自分の編集スキルを最大限に生かすには、とても良い方法だと思います。

気になる制作ノートは、
クリップしておくと
あとからいつでも見返したりできます。

Vook最新情報をお届けします

@VookJp 映像制作者のためのプラットフォーム「Vook」公式アカウントです。

Vookで開催しているイベント情報