tdcg bold box camera clip comment director drone edit effect h1 h2 img lighting link list makeup music ol pc place producer search software tag ul video videographer view voice vook_note vook_port vook animation music2 notice user color
Daiki Takaya 高谷大樹 / アプリケーションエンジニア

リードエンジニアとして、
自分の年齢では味わえないようなことを一通り経験できた

MISSION熱量の高いコミュニティをオンライン化する

どんな仕事をしているのですか?

リードエンジニアとして、Vookのデザインとかフロントエンド以外の開発を担当しています。
サーバーサイドは全てといいますか、サービスの設計から実際のコーディング、サーバーにあげる、サーバーの運用のメンテナンス、テストなど、色々やっています。
開発では、僕と種村さんの二人三脚が基本で、種村さんがフロントエンド、裏側を僕が行っています。自分じゃ担当できない部分は鈴木さん、コードレビューは齋藤さんにお願いしています。

開発チームでの役割は?

「プロダクトの達成へのロードマップをつくる」というのが僕の仕事ですね。Vookの強みとして、熱いユーザーなどコミュニティを抱えている点があるのですが、その熱量をサービスにどう落とし込んでいくのかを考えています。僕はチーム最年少なのですが、年齢的にも実績的にも格上の開発メンバーと打ち合わせが白熱していく中で、チームとしての意見の軌道修正などがブレないように、意識して進めて言います。

VALUE立場関係なくコードに向き合う

Vookの開発は、どういうチーム?

Vookの開発チーム全体に言えることですが、こだわりを持ってぶつかる部分はとことんぶつかっています。
が、持ち越さないでさっぱり次へ次へと開発が進んでいきます。
サービスを考えている人たちが、プロダクトを作っているんだなという感じでしょうか。

僕は年齢的にも一番下の立場ですが、そのような立場などは全く気にせずに、お互いのこだわりをぶつけ合っています。リードエンジニアとして、責任感とか達成感とか、自分の年齢では味わえないようなところを一通り経験できました。

開発メンバーはそれぞれどんな印象?

齋藤さんは、知識なくプログラミングを始めた、エンジニアにとっての僕の師匠と言えるかもしれません。とにかく体系的な知識をお持ちで、プログラミングのことは勿論、コンピューターがなぜ動くのかという部分まで知っているので、知識がない人にでもストレスなく作業ができるようなコミュニケーションをとってくれています。

種村さんは「ユーザーを見つめる」というところが本当に凄くて、勉強させてもらっています。エンジニアはどうして動くかという部分に腐心しがちですが、種村さんはデザイナーでありますが、エンジニア用語も通じるし、たぶんこの先そう出会わないようなタイプな方だと思います。

WHY Vook?自分のレベルを強制アップデートする環境

なぜVookにジョインしたのですか?

元々は映画の配給などに興味があり、そのコネクションづくりで様々な人に会いました。そんな中で代表の岡本に会い、Vookの立ち上げの話を聞き、エンジニアとしてのキャリアがスタートしました。最初は仕事という意識があったのですが、プログラミングにハマったこともあり、知識がゼロな中でも成長していくことが出来ました。アウトプットから先行していく中で、強制的に自分のレベルをアップデートしていきました。

映像業界でのサービスづくりはどういう印象ですか?

リリース当初から、レベルの高い知識が得られるのがVookの特長と言いますか、ユーザーが集まる環境がありました。映像の知識のハブというか、Vookの界隈に入れば一安心といえる安心感を、サービスとしてどうつくっていけるかは考えましたね。また、代表の岡本もITというより映像畑の人間なので、誰にでも分かる言葉で開発の状況や仕様について話すように心がけています。

Vookの中でエンジニアになるとはどういうことなのでしょうか?

余計なドキュメントづくりとか一切ないし、必要なツールとかは有用性を説明すれば導入してくれるし、アウトプットに対して真摯にプログラミングと向き合えるのが、仕事をしていての面白さですね。オフィスには、映像クリエイターの方々が沢山いるので、ユーザーが隣にいるというのが有り難くて、直接的にサービスの意見を聞けたり、仕様の相談ができるので、スピード感が早いですね。
そういう意味では、プログラミングが好きではない方にはオススメできない環境です。

WILL空間にとらわれない
働き方をつくる

どんなキャリアを描いてますか?

働き方を変えるようなツールを作りたいと考えています。
僕自身、無駄なことをするのが嫌いで、オンラインで出来ることは全てオンラインでと考えています。優秀な人が勤務地が合わないからその組織に関われないということには疑問をいだいています。東京にいる必要がない環境は避けたいというか「空間にとらわれずに仕事をする時代」を作りたいです。

これをしたいという想いはありますか?

一生プログラマーをやりたいですね。死ぬ寸前までカタカタやっていきたいなと思います。
プログラミングについては、勉強という感覚がなくて、趣味の延長線ですね。一生プログラマーとして、趣味として、色々なものを作りたいです。

他のエンジニアのインタビュー

クリエイターの成長と成功をプロデュースするプラットフォーム「Vook」
Railsエンジニアを常時募集しています

エントリーする エントリーの前に、会社の雰囲気を見たり話を聞いてみたい方は、
毎週木曜日のお昼にランチ会を開催していますのでどうぞ!
ランチ会エントリーはこちら
採用トップに戻る