tdcg bold box camera clip comment director drone edit effect h1 h2 img lighting link list makeup music ol pc place producer search software tag ul video videographer view voice vook_note vook_port vook animation music2 notice user color
Shizuka Tanemura 種村静夏 / デザイナー・フロントエンドエンジニア

ユーザーとより近い距離感でサービスを作ってみたかった

MISSIONサービスづくりをデザインする

どんな仕事をしているのですか?

サービスディレクター兼デザイナーを担っています。
どういう機能を追加するかから始まり、ワイヤーやデザインの作成、フロントエンドを担当しています。フリーランスのWebデザイナーとしてやっていた経験から、そのときどきで求められる役割が異なっていたので、一般的なデザイナー業務よりはエンジニアの方々の領域にも踏み込んでいるのかもしれません。

開発チームでの役割は?

コミュニケーションを取るのは、高谷くんがほとんどで、鈴木さん・齋藤さんとのやり取りは少ないですね。
新しい機能を追加するときも、どれくらい掛かるかや、やり方などを含めて、相談をしながら開発を進めています。Vook開発チームは多様なコミットの仕方があるので、リリースまでのラップタイムを刻むなど率先して行っています。

VALUEアウトプットを見せて、
開発をリードする

開発メンバーとのやり取りで
意識していることはありますか?

メンバーの中でも、サービスに対する経験値や感覚値にバラツキがあるので、チーム内でも確認作業などはしっかり行うように注意しています。
エンジニアの方々とは、ワイヤーだけでなくデザインを先行して作ってしまって、言葉だけではなくこれが必要なんだな、と開発メンバー全員に共有することでコミュニケーションのズレを防いでいます。

機能を作る上で、開発以外のメンバーとの進め方はどうでしょうか?

開発以外のメンバーがこれをやりたい!と言ってきたときには「なぜそれが必要か」「いま必要な機能なのか」を徹底して話し合うようにしています。
エンジニアともそうですが、開発の知識がないメンバーとの話し合いには、言語を合わせる作業が必要です。メンバーが感じた、直感的な面白そう!という言葉の裏にある理由を、ユーザーと照らし合わせて、実装するかやタイミングはいつかを意思決定しています。

WHY Vook?ユーザーとより近い距離を求めて

なぜVookにジョインしたのですか?

代表の岡本と学生時代に、一緒にプロジェクトを行っていたのがきっかけです。学生時代からの知り合いだからこそぶつかり合えるというのがあるのかなと感じていました。ものづくりを行う上で、ビジネスライクな付き合いよりも、気心の知れた関係だからこそ、本当に良いものに向き合える環境ができるという感覚がありましたね。

フリーで仕事をしていたときに「作ってお終い」という案件がどうしても多くて、何かを改善していくというよりは必要性に迫られて作るというのが仕事としては多くて。1つのものを運営していくことをやってみたかったのが大きかったですね。また受託の制作だと、クライアントさんを通してしかユーザーの話を聞けないから、ユーザーとより近い距離感でサービスを作ってみたかったという想いもありました。

映像業界でサービスをつくる上での
感触を教えてください。

ない文化をつくるのが面白さであり、難しいところですね。
映像業界のIT化が進んでいる最中ですが、それゆえに期待されていることと受け入れられるのに時間がかかることがどうしてもあります。エンジニアだとアウトプットする文化がありますが、映像クリエイターにそれはまだありません。他の業界の良さとタイミング、それを見極めるのが難しいですね。

WILLビジネス化できるデザイナー

どんなキャリアを描いてますか?

デザインやコードを書くという作業は、一部ではいらなくなってきています。その中で、創り手としてどういう能力が求められるかを考えた時に、デザイナーとしての幅を広げていきたいと考えています。作って終わりではなくて、ここをこう改善したら数字が伸びたなど、数字まで分かるデザイナーとして活躍していきたいです。ビジネスを作れるデザイナーが当面の目標ですね。

これをしたいという想いはありますか?

ユーザーの中にある「Vookらしさ」を増やしていきたいですね。
「Vookらしさ」を引き出し、作り出し、伝えるのがデザイナーの役割で、それらがユーザーに受け入れられて蓄積されたものがブランドを形成していきます。
少しずつでもブランドロイヤリティを高めていって、ユーザーに「Vookらしさ」を感じてもらえるようなサービスを目指していきたいです。

他のエンジニアのインタビュー

クリエイターの成長と成功をプロデュースするプラットフォーム「Vook」
Railsエンジニアを常時募集しています

エントリーする エントリーの前に、会社の雰囲気を見たり話を聞いてみたい方は、
毎週木曜日のお昼にランチ会を開催していますのでどうぞ!
ランチ会エントリーはこちら
採用トップに戻る