photoshopもaftereffectsも必要なし?Adobe Premiere で作る”あなただけ”の簡単スライドショー

はじめに

みなさんこんにちは!夏の思い出にかっこいいスライドショー作りませんか?
イメージとしてはこんな感じです!

今回はPremiereでつくれる簡単なスライドショーをご紹介します。photoshopもaftereffectsも必要ありません!windowsのvideoediterやmacのiMovieなどでもスライドショーを作ることができますが、それだとテンプレート通りでしか作れませんし、自由度がありません。そこで登場するのがpremiereです。
premiereでスライドショーを作り夏の思い出を残しましょう!
基本的にはエフェクトを用いて画像をつなげていくイメージです。

1.作りたい素材をpremiereのタイムラインに配置する

2. 画像のサイズを調整する

今回は大きさの違う画像があったため、調整したい素材を選択し、エフェクトコントロールからスケールを調整しました。もしかしたら必要ない場合もあるかもしれません。

3.複製する

先ほどタイムラインに作った素材をV2に複製します。素材を選択し、altを押しながら上矢印で簡単に複製することができます。

4.v1の素材にブラーをかける

まず、上にあるv2の素材が鬱陶しいため、目のアイコンをクリックして非表示にします。v1の素材一つを選択してエフェクトからブラーガウスを選択します。
ブラーを今回は60とします。各自の好みで自由に決めてください。もう一つその下にある、”エッジピクセルを繰り出す”をONにします。エフェクトコントロールのブラーガウスを選択し、ほかの素材にも適用させます。

5.v2スケール変更


次にv2をいじります。先ほどミュートしたv2を選択しスケールを調整します。すると、だんだんいい感じになってきたことを感じていただけると思います。素材の始めと終わりにスケールのキーフレームを打ち、時間が進むにつれて写真が迫ってくるような印象を与えます。それぞれのキーフレームを選択し、右クリックでイーズイン、イーズアウトを追加します。そうすることで滑らかなエフェクトとなります。これもすべての素材に適用させます。

6.フィルム写真のような白いフレームを作ろう!

premiereのエフェクトを用いておしゃれな白枠を作りましょう!!!エフェクトから放射状シャドウを選択して適用させます。

・シャドウの色を黒から白に変更
・不透明度を100
・投影距離を3にする
・光源を各自調整し、フレームの形にする

7.ドロップシャドウを用いて写真に影をつける

写真に影をつけることもpremiereで簡単にできてしまいます!エフェクトからドロップシャドウ、素材に適用します。
不透明度を100にして影を強くします。このように影がつきました。

8スライドのエフェクトを加え、音楽付けて完成!

単調に右から左に変わっていくものだけだと寂しいのでいろいろなものを加えました。エフェクトのビデオトランジションにたくさんエフェクトがあるので自分の好きなようにアレンジしてください!今回私はこんな感じでエフェクト加えました!


1つ目と2つ目、両方ともスライドのエフェクトを用いましたが、私はここのスライドの位置を変更しました!

同じエフェクトでも使い方次第でアレンジができます!いろいろといじってみてください。

おしゃれなスライドショーを作って夏を制覇しましょう!

2クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

コメント

  • まだコメントはありません