2018.08.26 (最終更新日: 2019.06.13)

あなたは大丈夫? 〜DaVinci Resolveのマシン環境をめぐるよくある勘違い12選〜

DaVinci Resolveのマシン環境関連でよくある勘違いをまとめました。「えーそうだったの?」とか「これあるある」とか「へええ、なあるほど」とか言いながらご覧ください。

マシン選び

❌ DaVinci Resolve用のマシンを作るのは高くつく。

むしろこんなにハイパフォーマンスのマシンを安く作れる動画編集ソフトはなかなかないかもしれません。Xeonじゃなくてもいいし、Quadroじゃなくてもいいし、メモリもたくさんいらないし、OSのプラットフォームもなんでもいいです。

❌MacBook Airじゃ動かない。

動きます。AMDのGPUが搭載されたMacはより快適に動作しますが、Intelのグラフィックが搭載されたMacでもHDくらいであればちゃんと動作します。

ちなみに今のMacの最高峰はiMac Proですが、全部盛りにする必要はありません。この構成が一番コストパフォーマンスが高いです。

❌Windowsだと、やっぱりメーカー指定の高級なマシン(ターンキー)を買ったほうがいい。

DaVinci Resolveはマシンの指定はありません。自作でもなんでもいいです。マウスコンピューターさんのDaVinci Resolve推奨マシンもオススメですが、これもあくまで無数のオプションの中の一つに過ぎません。

いちばん困るのが一見高級そうな「動画クリエーター用PC」。とりあえずQuadroのロークラスを積んでたり、メインメモリが大きかったり、CPUにXeonを使っていたりしますが、どれもDaVinci Resolveのパフォーマンスには関係ありません。こんなPCを買うくらいだったらゲーミング用PCの方が安いしパフォーマンスも優秀です。

GPUとCPU

❌いいCPU使えばパフォーマンスはどんどん上がる。

DaVinci ResolveはCPUだけではなくGPUにも大きく依存するソフトです。簡単にまとめると、CPUとGPUの区分はこのようになります。

・CPU→デコード、エンコード(つまりコーデックから非圧縮のデータを開く、もしくはその逆)
・GPU→デコードされた非圧縮データの再生(展開)、ほぼあらゆるエフェクト

DaVinci Resolve上で、何もエフェクトをつけずに、ファイルを再生した場合にも、GPUは使用されます。「タイムラインに置いたカットのプレイバック」でも、何もエフェクトをつけずにデリバーでフ