RED買ってみた。①

たまたま中古のRED EPIC dragon 6Kを購入する機会があったので買ってみました。

ありがたいことに販売元は個人ですが映像のハイエンドで活躍していらっしゃる方なのでお届け前にRAIDさんでREDのユーザー登録の切り替えやメンテナスまで済ましていただいた極上品。必要とあれば最新の8KフルサイズセンサーのモンストロやS35センサー8kのheliumをユーザー価格で購入できます。

同梱キットとしては下記の通り

本体
RED EPIC DRAGON 6K
RED TOUCH 5” (LCD)
EFマウント

メディア
REDMAG 128G × 7
REDMAG 64G × 5
RED MAG リーダー FW800・SATA接続 × 3

電源周り
Side Handle
REDVOLT × 5
REDVOLTチャージャー × 1
WoodenCamera QuickBack V-Mount Adaptor

リグ関係
WoodenCamera Top Plate
WoodenCamera Top Handle
WoodenCamera 15mm Top Mount
WoodenCamera Bottom Plate
WoodenCamera A-Box

すぐにでも撮影できる豪華セット。

自分にはもったいないくらいのオーバースペックな気もしますが、抱えてる案件でもこのくらいあるといいよなーって思ってたスペックでもあるのであとはどうにか運用ベースに乗せてしまえばそのうち元も取れるだろうという、まーまー安易かつ勢いで購入させていただきまし

現行のDSMC2シリーズから数えると2世代くらい前になりますが現行scarletよりも上のスペックになります。

簡単なスペックとしてはこちら↓

センサー
・19メガピクセルDRAGON®

撮影フォーマット
・6K RAW(2:1、2.4:1)
・5K RAW(フルフレーム、2:1、2.4:1、アナモフィック 2:1)
・4.5K RAW(2.4:1)
・4K RAW(16:9、HD、2:1、アナモフィック 2:1)
・3K RAW(16:9、2:1、アナモフィック 2:1)
・2K RAW(16:9、2:1、アナモフィック 2:1)
・1080p RGB(16:9)
・720p RGB(16:9)

フレームレート
・12bitおよび16bitRAW:圧縮オプション:18:1〜3:1
・1-100fps 6K
・1-120fps 5K、4.5K
・41-150fps 4K
・1-200fps 3K
・1-300fps 2K

ここで気をつけなければいけないのはそれぞれの撮影フォーマットが6Kから小さくなるにつれてクロップされていくことを運用時には頭に入れておかなければなりません。

同じ位置から同じレンズを使った場合このように変化します。

また収録メディアはREDMAG 1.8" SSDになるため専用のリーダーが必要になります。
そのリーダーも現行のminiMAGとは違いFireWire800かESATAでの接続になります。

現行MacBook proのThunderbolt3(USB typeC)へはこんな感じでFireWire800→ThunderboltアダプターからThunderbolt→thunderbolt3のアダプターを介しての接続になります。

ひと通り撮影前に準備したり調べた内容としてはこんな感じでした。
実際に電源を入れるあたりについては他の記事がありますのでそちらをご参考ください。

vookで需要があるのかよくわからないのでクリップ数が10超えたら次の記事を書かせてもらおうかと思います。
それでは今回はこの辺りで失礼します。

4クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。