こんにちは!各所でいろんなワークショップが開催されています。
SNSのオフ会の延長で、業界内での交流、趣味の共有など様々な目的があります。
自分の場合は業界内で各パートを越えた交流の場を持ちたいと思い立ち先日初めてワークショップを企画、準備から1ヶ月半で先日小規模なワークショップを開催しましたので手順をご紹介します。

【ワークショップ開催までの流れ】

  1. 開催内容、講師、価格を決める
    ワークショップ内容とテーマ
    主催者(講師・ファシリテーター)
    参加対象者

  2. 日時場所と価格を決める
     内容が決まれば自ずと規模が決まります。講演であれば人数に制限はありませんがワークショップとして作業 するとなると講師が対応できる人数も決まってきます。
    ・日時と場所(場所は撮影でお世話になったことのあるお店をお借りしました)
     告知開始日から1ヶ月半ほど先の日時を設定しました。
    ・価格設定(会場との取り決めで私の場合はワンドリンク制にしました)

  3. 宣伝する
     とにかくワークショップの存在を知ってもらいましょう。
    ・宣伝用画像作成(告知内容とイメージ画像をつけたものツイッター、インスタに載せる時画像がある方が目立 って良いです)

・チラシ500枚(都内の単館系映画館に配布)→ 効果不明なので次回はやらない予定
・自身のHP ラプソディフィルム主催WSサイト
・SNS(その他イベント告知系のサイトが多数あります)
 シネマプランナーズ(俳優系)、イベントナビ(イベント)、こくちーず(イベント)など
・FB有料宣伝 → 5000円分のプランで告知してみました、こちらが指定した関心がありそうなターゲットを設定して、合計リーチ1723件となりました)

  1. 申し込みを受付ける
    ・FBイベントページの参加の方に個別連絡
    ・グーグルの「フォーム」を利用
    ・参加受付状況を随時SNSなどにアップする。

  2. 開催前にやっておくこと
    ・ワークショップの進行、挨拶の準備
    ・会場設備の確認(プロジェクターや機材、座席レイアウトなど)
    ・当日資料の準備
    ・参加者リスト(受付表、必要な場合はネームカードなど)
    ・お釣りの用意

  3. 当日(当日までにあること)
    ・キャンセルなどの受付
    ・会場への支払い、講師へのギャラ清算など
    ・二次会等の手配(開催するなら)

【反省点】
結果として定員12名が埋まり、当日キャンセル2名で10名の方が参加してくれました。
当日台風でJRが全線20時で止まった日にキャンセル2名だったのはまずまずだったと思います。
料金は発生しましたが儲けを目的としてないので、このあたりは開催される目的によって変わると思います。

反省は今回のワークショップの場合、会場の定員と(俳優、脚本、監督のグループ)の人数配分をきっちりしてしまいキャンセル分を想定しての募集ができませんでした。次回からはキャンセルを見越しての多めの募集を考えなければと思いました。

【まとめ】
問題はご自身でどれだけ対応しきれるかにかかります。人数が増えれば問い合わせキャンセル対応の手間もかかりますので参加者さんに楽しんでもらうをモットーにすると楽しくなります。
是非、ワークショップを開催してみてください!

3クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • まだコメントはありません