今回は「アドビソフトの動画書き出しプリセットの作成方法について」です。

仕事などで、定期的に動画を書き出す人は、書き出し設定のプリセットを組んでおくのが役に立ちます。
仕事の効率化を図り、作業を短時間で出来ます。
YouTubeやVimeoに、動画をアップロードする際の設定は、毎回同じですよね。
プリセットを組んでおくと、仕事も早いし失敗も起こらないので、安心して旨いコーヒーでも飲みながら、書き出しが終わる時間を有意義に過ごせるってわけです。

1.書き出す動画の設定

まずは、書き出す動画の設定ウィンドウを、開いてください。
Vimeo用の動画、4K動画など用途に応じて設定を変えましょう。
設定が終わったら、以下の写真に矢印で示した通りのボタンを押してください。


次に、プリセットとして保存する、データの名前を決めます。
一目で何か分かるような名前が良いと思います。

これでプリセットの保存が完了しました。
次から書き出す際には、このように自分で作った書き出し設定を、プリセット内から選び、そのまま書き出すだけで済みます。

2.プリセットの書き出し

作成したプリセットを書き出して、オンライン上やハードドライブ上で保存しておきたい場合は、 alt(option)keyを押しながら、プリセットの保存のボタンをクリックしてください。

するとプリセットの保存先を決めるウィンドウが表示されます。
ここで自分の保存しておきたい場所へ保存出来、そのままネットにアップしたりすることも可能です。

3.プリセットの読み込み

書き出されたプリセットはプリセットセクションの真ん中のボタンで、ソフトウェア内に取り込むことが出来ます。
制作会社などで働く場合は、何台もあるパソコン全てのプリセットを、統一しておくと作業効率がグンと上がります。
是非、お試しください。

2クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • まだコメントはありません