InterBEE 2018で見つけたVR機材12選

この記事はInterBEE2018の会場から配信した「45分でわかるInterBEEで注目のVR機材&周辺機材まとめ【Vook映像研究所】」のまとめ記事です。
こちらの動画も併せてご覧ください。

今回はInterBEE 2018で注目のVR機材&周辺機材をご紹介していきたいと思います!

この企画は、Vook映像研究所の企画の一環で、InterBEEの会場をプレゼンターが周り気になるVR系の機材とその周辺機器を、ピックアップしてご紹介するというものです。
今回のプレゼンターは
・渡邊 徹氏(全天球映像作家「渡邊課」課長)
・待場 勝利氏(株式会社eje VR推進部 執行役員)
のお2人です。
また、司会として
・岡本 俊太郎(Vook 代表)
も登壇いたしました。

それでは早速見ていきましょう!

1.Insta360 - Insta360 ONE X


https://www.insta360.com/product/insta360-onex/

打倒ゴープロとInsta360こ社長が意気込んで出してきたカメラです。
コンパクトながら、5.7Kでスタビライザーがすっごく効きます。
三脚との組み合わせ・振り回してのバレットタイム撮影もできるのでかなり自由度高め。
アプリを使ってで後から自由視点映像の編集ができます。

予告編の動画がぶっ飛んでるということです↓

本体に羽をつけて投げるアクションがあるのだが、スタビライザーによってスムーズな映像になっている。

また、防水と潜水のハウジングが別売りであり、潜水は30mまで可能になっています。

Xの特徴としては今までできなかったバッテリーリプレイスできるとのこと。
今まではUSB充電だったが、1回の充電で約50分撮影可能だそうです
収録メディアはmicroSD。
撮影が楽しくなるようなカメラ
価格:¥56,330(Insta360公式ページ。2018/11/16時の価格)

2.Panasonic 配信用VRカメラ - AW-360C10GJ


https://panasonic.biz/cns/sav/products/aw-360/index.html

こちらは業務用VR配信のカメラで、360° 4K 29.97fps 150Mbpsまで対応。
録画をするよりLive配信向けに作られている。
カメラ部分の他に処理部分のBoxが必要で、Boxまでは3mのケーブルで接続。
そこから変換するとHDMIでステッチされた映像がoutputできるそうです。
カメラ本体は、大きめのタンブラーくらいのサイズで、他に比べてシュッとしているとのこと。
価格:カメラ本体とベースユニットは別売りで、オープン価格
(実売価格はカメラは135万円程度、ベースユニットは90万円程度。)

3.Astera - PIXELTUBE AX1


https://astera-led.com/titan/

ドイツのメーカー。
VRカメラは照明を写り込まないところに仕込みたいという需要を満たすライト。
単管でバッテリー内蔵のLEDライトです。
スマホで色や明滅・明るさなどを操作可能で、複数台をまとめてコントロールできるそうです。
これによって演出の幅が広がりそう。
一本あたり10万円くらいとのこと。
ステージの演出としてもかなり使えそうです。
(カメラの下にや周りに立てるのもあり。)
取り扱いは江東電気株式会社。
大中小とサイズ展開あり

4.SENNHEISER - AMBEO VR MIC


https://www.sennheiser.co.jp/sen.user.Item/id/1116.html

VRコンテンツに空間音響を加えることによって臨場感(没入感)が増す。
その収録をするためのマイク。

サンプルとして視聴できたのが花火だった。
向く方向に合わせて音の向きが変わるのがポイント。
また、SENNHEISER提供の空間音声編集ソフトがあるのでそれで編集することが可能だそうです。
価格:実売18万円程度

5.Zoom - H3-VR


https://www.zoom.co.jp/ja/products/field-video-recording/field-recording/h3-vr-handy-recorder

この製品の特徴は安いこと。
空間音声のコンテンツは室内は向いていない。抜けのある屋外のコンテンツが向いている。
ジャイロセンサー搭載でどちらにマイクが傾いているかも記録している。
本体を回転させることで空間音声の視聴ができる
カンダオの上に乗せられるくらいコンパクト
価格:4万円程度

6.株式会社ルミカ - BiRod


http://www.birdsirod.com/product/6c≪deluxe-series≫

7.5m伸びるカーボンポッドなのにすごく軽い(1.2〜1.3Kg)ことが大きな特徴。
上の方はしなしなするが、小型のInsta 360 oneXとかと組み合わせるとドローン飛ばせないところでドローン風の映像が撮れる。
価格:56,800円(税別)(公式サイト。2018/11/16時点の価格)

その他にも現在開発中のカメラの下につける水中で使えるライト(水深30mまで)の展示もあった。

7.KANDAO - Qoocam


https://www.kandaovr.com/jp/qoocam/#/overview

日本では代理店(Mitomo)で取り扱い
縦だと360度、折り曲げると180度3Dカメラになるそうです。
また、PCを使って4KLive配信できるようになりました。
PCへの接続はUSBケーブル1本で完結できるのもポイント。
価格:49,800円(税抜)(mitomo公式サイト。2018/11/16時点の価格)

8.Manfrotto - VR向け三脚


https://www.manfrotto.jp

ManfrottoはVRのための三脚を開発しているそうです。
VR撮影時は写り込みの範囲を小さくするために、なるべくカメラから離した場所に足回りをまとめたいが、ここの三脚はそれが実現できている。
高さが4mのもあり、自立もできる。
足と棒の組み合わせも変更可能。
大きいのは12万小さいのは4万くらい(アルミ製)で、足もセットで10万のもあるそうです。
安定性は抜群とのこと。

9.Z CAM - Z CAM K1 PRO


http://www.z-cam.com/180-vr-camera-k1-pro/

日本の代理店はJOUER。
6K180°3D撮影可。
レンズは2つ
かなり良い立体感のある映像が撮れるそうです。
まだ少ない180度3Dがこれ1台で撮れるからお手軽。
また、Wi-Fi経由でiPadを使って調整可能。
ただ、180度3Dは水平調整など後からの調整が厳しいとのこと。
価格:473,040円(税込)(JOUER公式ストア。2018/11/16時点の価格)

さらに、ドリー(ラジコン)移動しながら無人の撮影ができるものも同時に展示されていた。
価格は100万くらいだそう。
レンタルもあり、オペレーターもついてくるとのことなので、これから入るのもアリですね。

10.Entaniya - VR向け国産レンズ


http://products.entaniya.co.jp

VR界では国産レンズで有名なメーカーで、ハイエンドの魚眼レンズを作っている。
GoProにつけられる220度ものやGH5につけるものもある。
GH5向けのレンズは1セット100万程(リグ込み)だそう
GH5だと人の肌が綺麗に撮れるからこのレンズとの組み合わせも多い。

11.KANDAO - Obsidian


https://www.kandaovr.com/jp/Obsidian/#/overview

NGCが日本の代理店で、Obsidian R / Sを取り扱っている。
Obsidian Rは3D 8Kが撮れるカメラ。
また、ObsidianにつけるファンとWi-Fiユニットが別売りされています。
スペック的には8Kライブ配信もできるが、GPUのQuadroのP6000が二枚刺さったPCを使わないとステッチして配信ができない。
KANDAOのカメラはデプスマップをつけられるので実写版6DoFがも生成可能。
価格:Obsidian R / S共に80万円程度

NGCでは他にもマイクの取り扱いがあり、HEAR360 8ballというマイクも扱っている。
このマイクは1脚にはめて使えるのでVRカメラの下に置くことが可能。
音声出力はキャノンで8チャンネル出てくるようです。

12.よしみカメラ - 撮影機材メーカー


http://www.443c.com

一つ目はタイムラプス用レール。
このレールは、レールを無限につなげることができ、一式(レールとユニット・外付けタイヤなどセット)2万4800円とお手頃価格。
ギヤでレールと噛んでいるので、縦にしても700gまでのカメラを動かすことが出来るそう。
レールは30センチ単位で延長できて、可動部は充電式。

二つ目はLUMU Pro

この製品の特徴は露出計とカラーメーターをiPhoneにユニットをさすと使えるということ。
価格は6万5000円とのこと。

三つ目はVR双眼鏡。
この製品は双眼鏡の形をしたVRビューアーで、価格は75万円とのこと。

以上、InterBEE 2018でプレゼンターの方々が気になった今年注目のVR機材および関連機器でした!

皆さんもこんな機材あったよ・良かったよなどありましたらVook noteにどしどし投稿してください!!

2クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。