新しいバージョンで作ったプロジェクトが古いPremiereで開ける!?PREMIERE PROJECT DOWNGRADERを紹介します。

みなさん、こんにちは。映像編集をしていて困ることの1つにソフトのバージョン違いがあると思います。
バージョンが違うとソフトの挙動がおかしくなったり、場合によってはプロジェクトが開けないこともあります。

今回はそんなバージョン違いでプロジェクトが開けなくないときに使えるツール、PREMIERE PROJECT DOWNGRADERを紹介します。
海外のFacebookグループなどでは話題になっていて、日本語でもいくつか情報がありましたが、Vook上では情報がなかったのでシェアします。あくまでも非公式ツールですので自己責任での使用をお願いします。

使い方

このツールはWEB上で動くのでこちらのリンク先にアクセスしましょう。
http://www.joshcluderay.com/downgrade-premiere-project-converter/

アクセスするとこんな画面になっています。


http://www.joshcluderay.com/downgrade-premiere-project-converter/ より引用、閲覧日12月1日

あとはファイルを選択で変換をしたいプロジェクトファイルを選択して、Convertを押せば自動的に変換されたプロジェクトがダウンロードされます。

どうやって動いているのか

先ほどのサイトには説明が書いてあるのでざっくりとそれを読むと

・Premiereのプロジェクトファイルは圧縮されたxmlファイルである。
・これの一つにバージョンを指定している箇所がある。
・Premiereはプロジェクトを開けるときにこのバージョンを確認してそのバージョンより新しい数字の場合は開けないようになっている。
・このバージョンを強制的に1へ書き換えることで古いバージョンでも開けるようになる。
・強制的数字を書き換えているだけなので新しいバージョンで追加された機能(特にタイトル系)についてはうまく動作しない可能性がある。

といったことが書いてありました。単純なカット編集程度のプロジェクトなら特に問題なく変換できそうですが、タイトルなどが複雑に使用されたものを変換するのは難しそうですね。

実際に試してみた

簡単な検証を行ったのでシェアします。検証に使ったのはCC2019(13.0.1)で作成した。10分程度のVR動画のシーケンスが10本入っているプロジェクトで、カット編集しかしていないです。

CC2019(13.0.1)→CS6(6)

これは動きませんでした。変換してもこの表示です。CS6はVR動画に対応していないからかもしれないですが、開いたPremiereのバージョンが単に古いのが原因かもしれないです。

CC2019(13.0.1)→CC2018(12.1.2)

これは無事に開けました。プロジェクトを開くとプロジェクトの変換を求められる画面になるので変換をしてあとは問題なく編集できました。

まとめ

緊急避難的には十分使うことができるツールなのではないかと思います。検証の通り開けない場合や思いもよらない問題などが発生する可能性もあるので、これを使わないようにできるように環境を整えるのも大事だと思います。

15クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • Yuhei Iida
      助かりました!!
    • Gaku

      Gakugaku

      19.03.14
      ありがとうございます!良かったです!