【Final Cut Pro】テキスト基本挿入方法〜手書き風テキストの動画解説あり〜


今回はテキストの挿入方法について解説します。Final Cut Proではテキストのことをタイトルと呼びます。他のソフトではテロップとも呼ばれています。

目次

  • タイトル挿入までの流れ
  • フォントの変更
  • サイズ&位置の調整
  • シャドウ&アウトライン調整(文字の外枠)
  • 手書き文字の作り方

タイトル挿入までの流れ

Final Cut Proを立ち上げた状態で、画面左上の"T"のアイコンをクリックします。すると数十種類のタイトルテンプレートが表示されます。

タイトルテンプレートはカーソルを各タイトルの枠内で左右にスクロールするとアニメーションを再生モニターで確認することができます。

各タイトルには名前が付いており、今回は"カスタム"というタイトルを使用して解説します。まずはドラッグ&ドロップでカスタムテロップをプロジェクト内に挿入します。ドロップ位置は今回は動画の上に乗せます。

再生ラインが挿入したカスタムタイトルの上にあることを確認して、モニター上に映るタイトル文字をダブルクリックして直接文字を入力することができます。また画面右上のタイトル挿入枠に入力することも可能です。

フォントの変更

フォントの変更は以下の場所で変更することができます。もしこの表示が画面右上に表示されていない場合は、◯で書かれたアイコンが選択されているかを確認してください。

サイズ&位置の調整

サイズは画像内①の部分で調整することが可能です。位置の調整は②の枠内に位置座標を入力して調整することができますが、再生モニター上の文字を直接クリックして位置変更することも可能です。その際、プロジェクト内のタイトルクリップが選択されていかを確認してください。

シャドウ&アウトライン調整(文字の外枠)

シャドウ&アウトラインの調整は画像枠内の調整画面で調整することができます。各項目はチェックボックスにチェックを入れたのち、右側にある"・・・"をクリックすると詳細を調整することができます。

  • 3Dテキスト:文字を立体的に編集。
  • フェース:文字の色・透明度などを調整。
  • アウトライン:文字外枠の色とその幅などを調整
  • グロー:文字の裏側の配色。フェースの透明度を下げると目立ってくる。
  • ドロップシャドウ:影を加え、その方向や幅を調整。

手書きテキストの挿入

手書きテキストの挿入方法はこれまで説明してきた流れと大きく異なります。動画で解説していますので、興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

以上です!ではまた!

1クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。