Final Cut Pro〜フェードイン・フェードアウトの編集方法〜


今回はフェードイン・フェードアウトの方法について解説します。方法は3つありますので、それぞれの方法と特徴を解説していきます。

黒のフェードを掛けたい場合

こちらの方法は、トランジションを使用します。
フェードを掛けたい素材にトランジションの"クロスディゾルブ"を挿入すると映像は徐々に黒くなります。①でトランジションを表示し、②でクロスディゾルブを選択し、③でフェードを掛けたい動画の端に挿入します。

挿入するとこのようになり、再生するとフェードがかかり動画は徐々に黒くなります。

挿入したトランジションの両端を調整するとフェードの変化時間を微調整することができます。

好きな背景にフェードしたい場合

白やピンクなどの好きな色や、好きな柄の背景にフェードしたい場合の方法を解説します。

まず動画の横に好きな背景を並べます。

背景は"ジェネレータ"から使用することができます。以下の①タイトルマークをクリック、②ジェネレーターをクリック、③"鮮明"という名前の背景を動画の横にドラッグ&ドロップステップします。③の鮮明の素材は青の状態だと思いますが、後で数種類の色に変換することができるのでこのままドラッグ&ドロップします。
※白やその他の背景へフェードさせたい場合は、ジェネレーター内の他の背景を選択します。

その後、①ドロップした"鮮明"のクリップを選択し、②画面右上のマークを選択、③Colorの調整欄で、好みの色を選択します。

あとは①トランジションを表示し、②"クロスディゾルブ"を③動画と背景の間に挿入するとフェードが掛かり、徐々に映像が選択した背景へと変化します。

トランジションを使用せずにフェードをかける方法

こちらでは、不透明度の調整を利用してフェードを掛けていきます。まず、①フェードを掛けたい動画のクリップを選択します。②ビデオ調整マークをクリック、③不透明度調整バーで調整していきます。

まずはフェードをかける動画クリップの右端に再生ラインを合わせます。

そのあと、画面右上のキーフレームボタンを押します。

その後、不透明度を0%にします。

次は、右端に合わせた再生ラインをフェードが掛かり始める好みの位置に移動させます。ここは後から位置を変更できるので大体でOKです。

再生ラインを左に移動させたあとは、不透明度を再度100%に戻します。

再生すると、徐々に暗くなる(透明になる)フェードが掛かります。
微調整を行う場合は、不透明度のキーフレームを追加したクリップを2本指でクリックしビデオアニメーションを表示を選択します。

このような表示が出ますので、"合成:不透明度"と書かれた部分にある2つのポイントを調整すると、フェードの開始位置を早めたり、フェードの終了位置を早めたりすることができます。

まとめ

トランジションを利用したフェードの掛け方が圧倒的に簡単に編集できますが、不透明度の調整は、レーヤーが多くなったり合成編集を行うときなど、より高度な編集を行うときに有効な編集方法です。

以上です^^!!

1クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。