Premiere Proで作る、スクエア動画のやり方!

みなさんこんにちは!
最近、SNSの広告などでスクエア動画が増えてきていますよね。
縦型動画だと画面いっぱいになってしまいますが、これならアカウント名やコメントも同時に見ることもできて便利。

そこで今回は、Premiere Proでスクエア動画を作るときに押さえておきたいポイントを紹介します。

ポイントその1:カメラの向き

まずは撮影時のポイントです。
スクエア動画の画角で撮れるカメラは多くはないと思います。
つまり、編集でスクエア動画にするということです。
ここでのポイントは撮影画角です。
iPhoneだと縦向き横向きどちらでも撮れますが、

図のように編集時に、縦動画ならスクエア動画にしたときに上下に/横動画なら左右に移動させることも可能です。
これを頭に入れて、縦移動が多そうだと思ったら縦で、横移動が多そうだと思ったら横に撮るというようにしましょう。

ちなみに縦横どちらで撮影してもスクエア動画にしたときの画質は変わりありません。

ポイントその2:Premiere Proでのスクエア動画の設定

では、Premiere Proでどうやればスクエア動画になるのか。
ここが肝心なポイントです。
デフォルトではスクエア動画の設定が入っていませんので自分で設定していく必要があります。
プロジェクトを立ち上げてください。(この辺りはこちらの記事で詳しく解説しているので割愛します)
そして、新規シーケンスを作成していきます。

先ほども書いた通り、デフォルトでは設定がありませんので、プリセットを元に作っていきます。
"AVCHD"の中にある"1080p"の中の"AVCHD 1080p30"選択して、
設定タブを選択します。

ここの編集モードを"カスタム"に、フレームサイズの横を"1080"にしてください。
そして、シーケンス名を設定して、OKを押すとスクエアのシーケンスが出来上がります。(ここでプリセットを保存を選択するとこの設定を保存しておくこともできます。)

あとは編集していくだけです。

ポイントその3:スクエア動画の書き出し設定

そして編集ができたら、書き出しです。
書き出しの設定は

形式:H.264
プリセット:ソースの一致のどちらか
にすることで、スクエアで一般的なデバイスで再生できるmp4形式で書き出すことができます。
中速と高速の違いは動画の質で、高速の方がデータ量が大きくなる分綺麗になります。
他は変更しなくて基本的に大丈夫です!

是非スクエア動画を作ってみてください!

ではでは〜

9クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • TenTe

      TenTetente

      19.01.31
      情報ありがとうございます!ちょうどスクエア動画を作っている関係で、とても助かりました。ツイッターなどで共有する場合の書き出し設定など色々と試そうかと思います😊
    • Kato Yuma
      コメントありがとうございます!
      Twitterについて、記事では触れられていませんが、720Pと書かれたものが良い気がしますね〜
      それ以上の画質でツイートしても自動的に720Pになってしまうので、もしかしたら他と共通のデータでも良いかもです。
      検証されたら是非記事で紹介してください!!
    • TenTe

      TenTetente

      19.02.01
      成る程、720pで試してみようと思います!尺なども試行錯誤しながら作ってみます!!