少人数チームでのPremiere Proの使い方、ファイルの整理の仕方(メルカリ編)

熊田です。
メルカリでビデオグラファー をやっていまして、以下のような記事で取り上げられました。

メルカリでどのように制作しているのか、聞かれたのでPremiere Proを中心にこちらにまとめてみました。

どんな体制でやっている?

映像編集では基本的にAdobe Creative CloudのPremiere Pro、AfterEffectsを利用しています。
チームで編集するため、素材とプロジェクトファイルが入ったハードディスクを受け渡してダイナミックリンクを使いながら編集しています。
オンラインの共同編集機能は興味がありますが、まだ人数が多くなく、場所の制約もないため、使っていません。

Premiere Proの魅力

Premiere Proの使い方はみんな違ってみんな良いと思っていて、もしハードにゴリゴリ使いたければ使えるし、テロップ入れるだけの作業だけでもできるという幅が素敵だなと思っています。
様々なソフトを使ったけど、『環境設定』や『メニュー画面』が見やすくて、知らない人に教えやすいのも特徴。すべての作業を個々人だけがやると大変だけど、みんなで仕事を振り分けられる所が凄く良いです。

Premiere Proの使い方

フォルダ構成

基本的に1案件を1プロジェクトにまとめています。
Finderのフォルダ構成自体をサイドバーに置いてすぐに新規案件のプロジェクトファイルを作れるようにしています

この時、5つのフォルダをコピーするのですがそれぞれの役割は以下の通りです

00_MTG → 打ち合わせしたときの資料やコンテ資料、メモ書きなどを入れておく
01_source → 映像素材はすべてここに置く
02_assets → ロゴやBGM、制作にまつわるその他の部分をここに入れる
03_prjct → PremiereやAfter Effectsのプロジェクトファイルはここ
04_encd → 書き出された映像はこちら

このようにどの案件でも同じフォルダ構造をしておくことで、何も考えずにそこに行けばアクセスできるような状態を作ります。こうすることで、再リンクの手間が減ったりコミュニケーションコストを減らすことができます。逆に徹底しないとえらいことになります。

プロジェクトファイルの中身

それでは肝心のPremiereのプロジェクトのほうへ。

↑画像にあるテンプレートプロジェクトファイル(ファイル名で xxxxxx(日付)_template.prproj)を開くとこのようになっています。
なおプロジェクトのファイル名は190216_Kumata-BirthDay のようにリネームしています。

ほぼ確実に使うカラーマットと調整レイヤーを入れたフォルダがあります。
以前はもっと細分化してフォルダを作っていたのですが、ファインダー自体で整理してそのフォルダごと持ってくることでビンを作るようにしたので、シンプルになりました。

(01_sourceをPremiereの中に持ってきている)

メルカリのようなベンチャー企業の場合、ある日突然いきなり超大切な映像を仕上げなければならない!みたいなことも起きることがあります。そんなときに備えて、いつでも本調子で編集に入れるようにテンプレ化や誰が見ても、誰が使っても同じプロジェクトファイルになるように心がけています。

プロジェクトファイルをキレイにすることも大切ですが、finder自体を整理しておかなければ素材を受け渡ししたときにリンクされない事態が発生するのでそこを大切にしています。

もし横断的な映像、例えば『●周年映像』とかは1年間に使った様々なプロジェクトを使用することになるので、プロジェクトファイルにプロジェクトファイルを読み込ませています。

それぞれのワークスペース

僕のワークスペースはこのようにしています。

iMac Proと一緒にモニターを付けているので、プログラムパネル(プレビュー画面)は別モニター、作業自体はiMac Pro側に映しています。
ワークスペースは個人の好き嫌いが顕著に出る場所だと思います。何時間も見つめるので、最適化したワークスペースを作りたいですよね。他のPCに持っていってもワークスペースが維持されるのも良いところだと思います。もちろん自分の好きなワークスペースに変えるのもすぐできるので便利!

ちなみにこの映像は2018年12月に作成したメルカカリカメルカリという映像です。時間があればぜひ見てみてください!

素材が集まるプロジェクトパネルはとにかくグチャグチャになりやすいので、常に整理整頓を意識しています。基本的に最初に書いたフォルダ構成をもとにしていますがフォントのマスタースタイルや、他の人が作ってくれたエフェクト素材とかを入れたりするとあっとゆう間に汚くなるので、常にキレイに。
SPARK JOYしないファイルはプロジェクトから消していくのも良いですね。

書き出しの際、特別な理由がない限りはPremiereが用意してくれているプリセットを使用して書き出ししています。
この時はVimeoに最終アップロードだったので「Vimeo 1080p フルHD」で書き出しました。
プラットフォーム側で再エンコードされることを考えてターゲットビットレート等が最適化されているのはさすがAdobeや!という感じですよね。

24クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

コメント

  • まだコメントはありません