2019.03.25 (最終更新日: 2020.07.08)

フィルム感のある色味を演出するFujifilm X-T3のReview

はじめに

こんにちは。
花粉症の大川優介です、、、辛い。

そんな話は置いといて、
今回はベストミラーレスカメラ2018にも選ばれた、注目されているカメラFujifilm X-T3を使ってみた感想について書いていきたいと思います!

Fujifilm X-T3ってどんなカメラ?

APS-Cサイズセンサー搭載カメラでは最高レベルの2610万画素(X-T2は2430万画素)という高解像度を実現していて、「Xシリーズ」史上最高画質と多彩な色彩表現を実現しているカメラです。

またセンサー&画像処理エンジンのアップデートで標準感度がISO 200からISO 160へ低下したことも大きいですね。

またボディやレンズがコンパクトなので、ちょっとした旅なんかで気軽に写真や動画を撮りたい方に超オススメ出来ると思いました!

目次
1 色調・階調表現を選べるFILM SIMULATION
2 AUTO FOCUS
3 三方向液晶画面

1 色調・階調表現を選べるFILM SIMULATION


実際撮影してみると、写真にしても動画にしても色がすごく綺麗です。

下手に色味を追加するよりも、このカメラにお任せした方がいいと思っちゃいました。

Fujifilm独特の色味ってのがいいですよね。フィルム感のある世界観を演出したい方におすすめです。

表現の意図に合わせた色調表現や階調表現を、フィルムを選ぶ感覚で設定することができる「FILM SIMURATION」は全16種から選択することができます。

FILM SIMIRATIONとは様々なフィルムルックをカメラの中で調整することができ、動画、写真に対応しています。

撮ったあとに色を調整しなくても、自然の色をひきだしてくれるのがこのX-T3の特徴です。

以下の画像は公式HPから抜粋

彩度を美しく表現できるVIVID、 やわらかさが印象的なSOFT、色味に落ち着きつきのあるNeg.Hi 
それぞれに特色があり場面に応じて選択してください。

2 AUTO FOCUS

AF機能が顔認証と瞳に入っていて使い易いです

ピントがズレることもなくて人を撮影する時にはすごく便利。
僕が普段使っているGH5だとピント合わなくてAUTO FOCSU機能が弱いので悩んでいました。

動く人物への顔AF機能がは従来の約2倍に向上し、瞳AFはAF-Cにも対応、動きのあるポートレート撮影においても正確に追従し続けます。

また正面顔から横顔まで、従来は顔検出・瞳AFが難しかったシーンでもしっかりとピント合わせをおこってくれるカメラです。暗いシーンでの撮影や動体撮影におけるAF性能の大幅に向上されています。

3 三方向液晶画面

液晶画面が上下横の三方向に動かせるので、下アングルもすごく撮り易いなと感じました。

ただ一つネックなのは、自分の方には向かないので自撮りは難しい
僕が #vlog撮れ と良くSNSで言っていますが、自撮りが可視化出来ないのでvlogはやりずらいかもですね!

ただ、コンパクトなので、液晶を見ずに片手で持ちながらのの自撮りは出来そうです!
サイズ感はV-LOG用にマッチしていると思いますよ。

まとめ

フィルム感のある世界観を出したい方やオシャレかつ高品位なコンテンツを撮りたい方にお勧め

コンパクトでおしゃれなので、女性にも向いていると思います。
またセンサーサイズがAPSCなのでフルサイズのものよりも価格が抑えられていて、これから映像を始めたい方にもお勧めです。

ただ、「仕事」という観点からするとコンパクトすぎるかなという印象ですね。
あと、手ブレが凄い。w

今後、Fujifilm X-T3、GH-5、Blackmagic Designの3機を比較して「どれがエントリー機に一番ふさわしいか?」なんていうレビューも考えているのでお楽しみに!

実際に撮影した動画を見たい方是非ー!

ご視聴ありがとうございましたー!

5クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

コメント

  • kazu28

    kazu28kazu28

    19.07.29
    1枚目の写真の色味がすごく好みです!
    フィルムシュミレーションのみの撮って出しでしょうか?もしフィルムシュミレーションのみであれば何を使ったかぜひ教えて下さい!