2019.03.28 (最終更新日: 2020.07.08)

Adobe Premiere Pro の使い方

皆さんこんにちは、大川優介です!

最近、SNS普及の影響なのか、「動画を始めたい!」 という方がかなり多くなって来ていると感じています。
なので今回はAdobe Premiere Proの使い方について解説していきたいと思います!

この記事や下記の動画を見ながら一緒にやってみて下さいね!

Adobe Premiere Proとは?

動画を繋ぎ合わせるツールと思って頂けたら幸いです。

撮影した動画素材を音楽に合わせて一つ一つ繋ぎ合わせないといけないので、
カッコいい動画を作る為にはこのアプリ(ソフト)が無いと編集は出来ません!

早速編集画面にてやって行きましょう!

Premiere Proを開く

プロジェクトを開きますが、
その前にFinderでフォルダを作り、プロジェクトを保存する場所をしっかりと決めます。

そのプロジェクトファイルを無くすと編集出来なくなるのでお気をつけください!

編集画面へ

左下は動画素材を保管する場所
左上は動画素材をプレビューする場所

右下は動画素材を繋げる場所
右上はその繋げた動画を見る場所

左下の枠をクリックすると新規動画素材がインポートされます。

左下にインポートされたらそのまま素材をドラックして右下のシーケンスに入れる事ももちろん可能です。

ですが全ての素材が選ばれてしまうので、元素材を削った方が効率的です。
なので左上で動画を確認しながらインアウトボタンを押して使いたい尺を選定します。

カットしたら動画をドラックするだけ。

動画を並べてからもカットする事は可能です!
縮める事も伸ばす事も出来ますし、キーボードショートカットキーを使用すれば時間短縮して編集する事も可能です。

使いたい素材をシーケンスに並べたら次は音楽を入れたいと思います!
音楽のインポート方法も動画素材と同じです。

動画をSNSにアップロードする場合、著作権フリーである必要があるので、
著作権フリーサイトが気になる方は下記の動画を見て頂けたら幸いです!

書き出し

動画編集出来たものを書き出します!

command Mを押して頂いても出来ますし、
左上ファイル、書き出し、メティアでも可能です。

動画をSNSなどにアップする際に1番推奨されているフォーマット
H264 / 高速ビットレートと呼ばれる書き出し形式です。

出力名で保存フォルダを決めて書き出しましょう!

まとめ

以上でPremiere Proの使い方について終了です!

今の動作が出来れば音楽に合わせた動画ができます。
何事もですが、難しいのは最初だけなので諦めずに頑張りましょう!

長くなりましたが最後まで見てくれた方ありがとうございました!
今後ともよろしくお願い致します👍

4クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • まだコメントはありません