【解決】「別名で保存」を選択するとPremiereがフリーズする問題

Windows環境でPremiereProを使用した際、『「別名で保存」を選択するとPremiereProがフリーズする問題』について3ヶ月にわたって頭を悩ませた結果、ついに問題を解決できたので、今回はその経緯と解決法を書いていきます。

はじめに、僕のPC環境は下記の通りです。安いお賃金を頑張って貯めて買いました。

OS:Windows10 Pro 64bit
プロセッサ:Intel® Core™ i9-7980XE CPU @ 2.60GHz (36 CPUs), ~2.6GHz
GPU:NVIDIA Quadro P6000 (24GB)
メモリ:128GB
SSD:1TB
HDD:10TB

フリーズ問題が発生するようになったのは、2019年の1月頃。僕は一つでも問題があると、解決するまで他の事に取りかかれない性格なので、何としてもこの問題を解決したいと思いました。

問題を解決するに当たって参考にしたのは、Adobe PremiereProコミュニティフォーラムです。
https://forums.adobe.com/community/international_forums/japanese/premiere

しかし、国内のフォーラムには同様のトラブル報告は見つかりません。そこで、海外のフォーラムを見てみると、私よりも遥かに前から同様の問題に悩まされている人がいることがすぐにわかりました。海外ユーザーからは「仕事にならない!」「Adobeはこの問題を知っているのに、なぜ解決しない!!」など、様々な意見が飛び交っていますが、どこを探しても、コレをすれば解決する!という具体的な解決策は載っていないのです。

https://forums.adobe.com/message/9696942
(Macユーザーの報告もあります)
https://forums.adobe.com/thread/2401056

「別名で保存」以外にも、「メディアの読み込み」、「メディア書き出し先の設定」、「メディアブラウザをダブルクリック→メディアの読み込み」などでもフリーズするとの報告があり、試してみると…なるほど確かにフリーズします。

まずは、PremiereやPCに問題があるのでは?ということで、以下の9つのことを試しました。
・PremiereProの再インストール
・PremiereProの以前のバージョンを削除
・グラフィックドライバーを最新版へアップデート
・グラフィックドライバーを旧版へ戻す
・プロジェクトをソフトウェア処理にする
・プロジェクトの保存先を変更する
・プロシェクの保存先フォルダを英語名にする
・Windows10を最新版へアップデート
・ウィルス対策ソフトウェアを最新版へアップデート+リアルタイムスキャンを無効に

しかし、努力も虚しくどれも全く効果がありません…。

ということはPremireProの環境設定でも、グラフィックドライバーでも、ウィルス対策ソフトでもなく、他に問題があるはずです。原因になりそうなものは一通り試したので、一体何が原因なんだろう…と途方に暮れていると、ふとあることに気がつきました。それは、PremiereProがフリーズする動作にはある共通点があるということです。

これらの動作に共通しているのは、Windowsユーザーにおなじみの「エクスプローラー」を使用すること。エクスプローラーは、Macで言うところの「Finder」にあたります。
このことから、原因はエクスプローラーにあるのでは?という仮説を立てました。
そこで、エクスプローラー起因のフリーズについて徹底的に調べ上げた末、試したことは以下の3つです。

・履歴の消去
・クイックアクセスの無効化
・One Driveの無効化

そして、Premiereを起動し、恐る恐る「別名で保存」を選択…先程までのフリーズが嘘のように、スムーズに動きます!原因は「エクスプローラー」だったんだ!と、ほくほくしながら、再起動をして同じことを試してみると…

まさかのフリーズ発生。

ウーマンラッシュアワーの早口じゃない方の「どうしたらいいノォーー!!」という甲高い声が頭の中に響き渡ります。
(元ネタがわからない人はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=tPu-XOI3AtA)

もうさすがに、万策尽きたというところ。「別名で保存」や「メディア書き出し先の設定」を選択できなくても、編集作業に大きな支障があるわけではないので、このまま諦めれば良いのですが、そこは僕の性格が許しません。

最後に頼ったのは、Windowsサポート。ソフトウェア個別の問題じゃないなら、OSが問題の可能性もありますからね。色々調べていると、「クリーンブート」というキーワードにたどり着きました。クリーンブートを簡単に説明すると、Windows関連のサービス以外を全て無効にし、真っ新な状態でWindowsを起動するというものです。トラブルが発生した際の問題の切り分けなどに用いられるそうです。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/929135/how-to-perform-a-clean-boot-in-windows

サポートページに載っている方法を試しながら、地道にPremiereProのフリーズ原因を探っていきます。PCの再起動とPremiereProの動作テストを繰り返すこと、二十数回。ついにフリーズ原因を突き止めることに成功しました。

原因はまさかの、これ


https://www.xrite.co.jp/allproduct/color-management/display-color/i1display-pro.html

ディスプレイのカラーマネジメント用に購入した「x-rite i1Display Pro 」です。
この製品に付属するソフトウェアが、PremiereProの動作に影響しているというのは全くの予想外。しかし、実際「x-rite i1Display Pro」関連のサービスを無効化してからPremiereProのフリーズは一度も発生していません。

こうして僕は、再び快適な作業環境を手に入れることができましたとさ。
おしまい。

【まとめ】
・Adobe海外コミュニティフォーラムには、国内よりもたくさんの情報があります。トラブルの際には参考にしてみるのがおすすめです。

・PremiereProなど、ソフトウェアの動作が不調の時は、全く関係なさそうなサービスやソフトウェアが影響している可能性があることを頭に入れておきましょう。

・トラブルの原因特定には、Windowsのクリーンブートを行ってみましょう。
 「クリーン ブートの実行後に問題の原因を特定する方法」
 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/929135/how-to-perform-a-clean-boot-in-windows

同様の問題で困っている方が、このページにたどり着くことを願います。
ありがとうございました。

10クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

コメント

  • まだコメントはありません