2019.05.13 (最終更新日: 2020.02.21)

【VGT】ビデオグラファー初心者のための機材選び 徹底解説

この記事は、2019年4月15日に開催された「VIDEOGRAPHERS TOKYO」にてライブ配信を行ったセッションのアーカイブです。

1,はじめに

「ビデオグラファー基礎講座」と題して、これからビデオグラファースタイルや少人数のチームで映像制作をしていきたいと思ったとき、いったいどのようなどんな機材を選び、購入して制作していけばいいのか。また、例えば講師の伊納さんがいま機材を全く持っていない場合、どんな機材を購入して制作していくのか?

大きく3つのプランに分けて検討していくセッションとなっています。

まずはアーカイブ映像をご覧ください!

伊納 達也 / Tatsuya Ino
ノンフィクション・ビデオグラファー
CM制作会社で制作進行として勤務後、2012年からビデオグラファーとしての活動を始める。少人数のラン・アンド・ガンスタイルで、特に各地域の食文化にフォーカスして映像制作を行っている。また、プロジェクトに寄り添った形の「映像を使ったコミュニケーションの構築」にも力を入れて取り組んでいる。

2,このセッションについて

ビデオグラファー伊納達也さんの大人気VookNote記事「これから映像制作を始める人におすすめしたいビデオグラファー的撮影機材」シリーズ。以下の記事は2018年バージョンですが、今回のVGTではこれをアップデートしてリアルでお伝えする内容となっています。ぜひ、合わせてご覧ください!

3, 前提

「もし、私(伊納達也氏)がこれからビデオグラファーとして活動し始めるという段階だとして、イチから最低限の機材をそろえるとしたら・・・」

4, そろえたい撮影機材

カメラ

映像を撮影できるカメラはたくさんあるので。 ”撮りたいもの”×”予算” で選ぶことがいいです。今回は、「スマホや家庭用ビデオカメラとはちょっと違うな」という雰囲気を出しやすく、かつ手頃に手に入れられるミラーレス一眼を中心に選びます。最初に買うカメラということで、今回は 「今後ステップアップしていきやすいカメラ」 をテーマにチョイスしました。
<