2019.05.17 (最終更新日: 2019.12.11)

DaVinci Resolve 16 最新推奨マシン環境

今回は2019年5月の段階で、ブラックマジックデザイン日本法人が自信を持ってオススメするマシンスペックのリストを、松竹梅のランクに分けてお届けします。自分のマシンがどのあたりか、今度買うときにはどれを選べばいいのか、参考にしていただければ嬉しいです。

まずはじめに

OSについて

DaVinci ResolveはMac、Windows、Linuxの3つのバージョンに対応していますが、OSは推奨のバージョンがあります。DaVinci Resolve 16の場合は、この3つです。

macOS 10.13.6 High Sierra以上
Windows 10
CentOS 7.3

システムメモリについて

システムメモリ、いわゆるRAMはそんなに必要ありません。公式には、16GBで十分とされており、実際には8GBでもバリバリ動きます。32GB以上のメモリが必要になるのは、Fusionページでたくさんメモリーキャッシュを使いたい場合くらいです。

CPU

Windowsの場合には、3GHz以上のCPUをお勧めします。Macの場合はMetalがあるので、CPUのスピードはそれほど気にする必要はありません。

昔のマシンについて

基本的にここでは2019年時点で購入できるマシンを記載しています。今のMacBook Airと昔のMacBook Airではスペックは異なりますので、そのあたりはご理解ください。

どのパーツが大事なの?

すっごく簡単に言うと、GPU>CPU>RAMです。この辺りの技術的なことについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

梅|HDなら大丈夫

Mac

MacBook Air、MacBook、Mac mini
最低限のスペックでもDaVinci Resolveは立ち上がります。どれだけ快適に動作するかは若干差が出ますが、Intel内蔵GPUでもHDなら問題ありません。ひよわなスペックのMacでも、普通の作業に困ることはないはずです。もしThunderbolt 3ポートがあれば、Blackmagic eGPUを接続することでパフォーマンスの向上を期待できます。

Windows

メモリ8GB、内蔵Intel GPU
よほど古いマシンでない限り、DaVinci Resolveは立ち上がるはずです。

このあたりのマシンではパフォーマンスに限らず、予期しないトラブルが発生することもあります。そんなときには以下の記事を参考にしてみてください。