ワンマンのビデオグラファー?もしくはチーム制作?

企業向けの映像制作をする際に予算はどれくらいですか?

200万円から400万円ほどのプロジェクトの内容を考えてみたいと思います。もちろん400万円を超えた映像制作もたくさんあります。例えばシリーズ企画だったり、撮影内容が多かったり、演者の数が非常に多い撮影(その分マネージメントの撮影スタッフも増える)だったり、CGIを多用するプロジェクトだったり、スタジオにセットを組んで撮影するプロジェクトだったり、国外撮影だったり、特殊メイクやスタイリストを雇って衣装を作る場合や、代理店経由の大手企業のTVコマーシャルなど多岐に渡ります。また逆に200万円よりも小さい予算のプロジェクトもたくさんあります。今回の趣旨はワンマンでのビデオグラファーから小型映像制作チームに体制が変わることについて、プロジェクトの予算の面から考えて書きました。


Image by Prodigium Pictures

数百万円の予算のプロジェクトを同時に効率的に進めるには

断っておきますがこれは僕の完全な主観です。マニュアルになるように書いた訳ではなく、今後の制作体制の話し合いのきっかけになればと思って考えて書きました。

まず、200万円以上の仕事はワンマン体制(ビデオグラファー)で行うよりも、チーム体制での映像制作をする方が確実に良いクオリティを出すことが出来ると思います。またスピードも早いです。

理由として以下の4点があると思います。

  1. 製作、現場、ポスプロなど各分野に特化したプロと仕事出来る予算がある
  2. 整音、作曲、カラーグレーディングなどのポスプロ作業が同時に進行できる
  3. 複数のプロジェクトを同時に進める時には分業化が効率的
  4. プロジェクトのクオリティコントロールを複数人で出来るためミスが減る

イベント、小規模インタビュー、もしくは企業ブランド動画を、ワンマン体制(もしくは2人など)で撮影・編集する場合は数十万円から100万円まででこなすような動画なケースが多いです。作業内容的にみても2名ほどでこなせる内容になるし、予算的にみても、100万円以下の場合は各分野の職種に特化したプロに依頼する予算もありません。そのため技術的なハードルがあまり高くないプロジェクトになることを考えると、全行程を1 ~ 2人でカバーするビデオグラファースタイルでクオリティをコントロールすることが可能です。もちろん100%では無く、音声や照明の技術屋さんに依頼するケースもあると思います。


それでも個人制作かチーム制作かを考えた時の予算の区切りは、100万円台のどこかにあるという意見です。つまり200万円から400万円、もしくはそれ以上の規模のプロジェクトになってくるとチーム体制での制作が成功のキーだと思います。

チームで映像制作をする場合

必要な人件費をまず並べていく

予算を立てる仕事はラインプロデューサーの仕事になります。予算が200万円 - 400万円の場合はラインプロデューサーがおらず、プロデューサーしかいないケースもあるので、その場合はプロデューサーが予算を立てます

予算を立てる際にベースとなる人件費が出てきます。その費用をチーム内で共有して、各自がフェアで納得のいく金額を立てることが重要です。例えば200万円以上の映像制作にはプロデューサー、監督、カメラマン、音声、演者、ヘア・メイクがおそらくいます。コピーライターも参加する場合があるかもしれません。彼らがチームで働く時は、各自の日当と作業にかかる日数分から経費を算出します。プロデューサーや監督など撮影とポスプロ期間以外にも企画や段取りなどの作業がある仕事は、単純に日当の日数計算では算出出来ない役職になります。メンターなどに相談してから、自分の相場を考えて納得いく金額を予算に組み込みます。

予算が小さい場合は、監督やプロデューサーが自分で編集するケースも多くなります。もしも予算が十分にある場合や、毎月定期的に決まった数の数百万円規模のプロジェクトが入ってくる場合は、編集を完全に分業化してしまい担当メンバーをチーム加えることが出来ます。数が増えてくることで、分担作業がより金額的にも作業時間的にも効果的になる時がタイミングです。


Image by Prodigium Pictures

人件費以外の制作費

人件費の他にも映像制作に毎回かかる金額があります。例えば食費、交通費、ロケーション、使用する機材(個人所有、レンタルどちらでも)、BGM音楽、ナレーター、データ管理、ソフトウェア、整音作業のスタジオレンタル。それらは全て予算に正しく組み込まれているべきです。機材に関しては意見が分かれると思いますが、レンタルする機材であれ個人で投資した機材であれ映像のルックに大きくプラスになる機材を使う場合は、機材管理の費用項目を持つべきです。機材も消耗品なので使えば使うだけメンテナンスする必要があります。何かあった時のために対応出来るように予算に組み込むのは正しいことだと思います。データ管理はハードドライブです。撮影済みのデータも完パケデータと合わせて提供する場合も、そうではない場合も制作に必要なデータ管理の費用は予算に組み込むべきです。2年間データを管理した後でハードドライブを整理して新しいプロジェクトに使えるようにしたりすることで、徐々に制作フローに余裕が出せるようになってきます。正確で無理の無い見積もりを計算出来るようになることで、より安定して映像制作を続けることが出来るようになります。

会社や制作チームで儲けを出すことも重要

制作会社ではプロダクションフィーと呼ばれる経費を取ることで儲けを出したりします。フィーは幅が広く予算全体の10%〜40%までありますが、これが純利益になるわけでありません。会社が大きくなれば運営にかかる費用がどんどん増えていきます。オフィス、マネジメントやセールスのスタッフ、過去データのアーカイブ作業から経理・法務などの総務まで長期的に頼れる存在になるために簡単に潰れない体制を整えていきます。これらの費用をカバーしつつ、将来の制作でさらにクオリティの高い内容を提案出来たり、機材などに投資して新しいフォーマットや解像度に対応出来るワークフローを作ったりするのに費用を使い、その後に残った金額が利益になります。なので、どれだけ会社の利益が出せるかというのは、良い仕事が自分のチームでどれだけ効率的に出来るかで決まってくると思います。またフィーを高くとるためには、動画が企業などにとって効果的なPRになったケーススタディを持って企業の信頼を得たり、他には出せないクリエイティブやソリューションを提案すること、そして他よりも良い仕事を安くすることでマージンを広げることが重要になります。なので長期的にクライアントにとって、チームにとって、そして自分にとってもメリットがある価値を生み出せる環境をどういうチームで作っていけるかによって今後の指針が立てられるのではないかなと思います。あとは信頼出来るチームを見つけて、一緒に長期的な仲間作りが出来るのが良いと思います!


Image by Prodigium Pictures

まずは上記に書いてある費用項目を単純に埋めていってみよう!

それだけで200万円の予算は超えるのではないでしょうか?それが完成すれば、自分のチームのベースとなる予算が完成します。ベース予算が出来れば、あとはプロジェクト単位でベース予算に入っていない品目などを加えたり、クライアントの予算に合わせてプロダクションフィーを削れるところまで削ったり、クライアントが希望する内容がどこまで現実的か、そして予算をあげる必要があればどれくらいかをクライアントの担当者に正しく説明出来るようになることが重要になってくると思います。

33クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • まだコメントはありません