[初心者向け]HD画質で簡単にライブ配信を行う。Youtube LiveをWeb Presenterを使って簡単にやる方法

最近Youtube Liveの勢いが増してきて見られる機会も非常に多いです。
ライブ配信を映像制作と一緒に依頼された、、、などいった方が最近多いと思います。
僕自身も頼まれた時があり、ライブ配信は無理なんで、、、と断ったことも結構あります。
ライブ配信は、専門領域すぎてわからない、、、
そんな人のために、Blackmagicが Web Presenterという商品を出し、ライブ配信の素人向けの商品となっています。
今回は、それを使って、どのようにライブ配信をやるかというのを書きたいと思います。

使ったカメラ

今回カメラとして使ったのは、SONY FS100です。HDMIで出力できれば可能ですので、Panasonic GH4などでも可能です。

今回作ったもの

色調整などもしていないので恥ずかしいですが、720pで出せて音もFSからなので割りとクリアに取れました。
HD画質でライブ配信できるのですごく良いですよね。

その他用意するもの

  • Blackmagic Web Presenter


誰でも簡単に高品質ストリーミングができるデバイスで、ドライバーが不要で、あらゆるSDIおよびHDMIビデオソースをUSBウェブカメラの映像として認識。YouTube LiveやFacebook Liveなどのストリーミング用のソフトウェアやサービスでプロ仕様のSDIおよびHDMIビデオソースを使用した配信が行える。56,980円。
ブラックマジックデザイン、ライブプロダクション関係の新製品3モデルを発表・発売より

こちらはBlackmagicが出した新しいプロダクトで、youtuberなど向けに作った機材です。今回はコレを使います。

  • HDMIケーブル
  • USB(A-B)ケーブル(ElecomのU2C-BY20BKを使いました)
  • PC
  • Power Connector
    (Blackmagicの商品には入っていなかったので要購入です。ちなみにこれは海外仕様なので売っているところが大変少ないです)

まずはケーブル関係をつなぐ

まずはケーブル関係をつないで行きます。
HDMIケーブルとつながるカメラであれば大丈夫ですので、つないでみてください。

HDMIケーブルをカメラにつなぎ、PCにはUSB(A-B)ケーブルつなぎ準備は完了です。

youtube ライブストリーミングの手順

今回はyoutubeを使いますので、youtubeを開けてクリエイターツールを開きます。
その後「ライブストリーミング」→「イベント」→「新しいライブイベント」の順番で押します。

そうするとこういった画面になりますので、タイトルや内容を入れ、「配信を開始」を押します。

そうするとこういった画面が出ますので設定を押します。

一番上のボタンを押し、「Blackmagic Web Presenter」もしくは自分のカメラ名がでてきますのでそこを押し、「配信を開始」を押してください。

そうすると、カメラからの出力がPCに出て、ライブストリーミングが可能になります!
今回は1カメでしたが、他のプロダクトを使えば2カメでもできるそうです。
是非試してみてください。

0クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

コメント

  • まだコメントはありません