2019.08.20 (最終更新日: 2019.12.06)

Pocket Cinema Camera 6K(BMPCC6K)よくある質問

8月9日、Pocket Cinema Camera 6Kが発表されました。1年半前に発表され、1年前に出荷開始されたPocket Cinema Camera 4Kと同じく、この記事でよくある質問にまとめてお答えします。Pocket Cinema Camera 4Kの記事の姉妹編としてお楽しみください。

Pocket Cinema Camera 4Kについては、こちらの記事をどうぞ。

出荷開始時期は?

製品発表と同時に出荷開始されました。

6Kのメリットは?

「6K動画はYouTubeでも上げられないし、6Kのテレビも売ってないのに、なんで6Kが必要なの?」と聞く人がいるかもしれません。ごもっともな疑問です。メリットは単純にいうと2つあります。

1つめは、あとの編集でズームできること。フレーミングを変えたり、好きな箇所を選んだりしても、画像が粗くなることなく、4Kの解像度を維持できます。スタビライズをすると必ずズームをする必要が出てきますが、その場合にも画質が汚くなることがありません。6Kは余裕のある4Kである、という言い方もできるかもしれません。

2つめは、オーバーサンプリングによる解像感です。解像度にはあるひとつの法則があって、大きい解像度からダウンスケールした映像は解像感が豊かな映像になる傾向があります。たとえば4Kで収録してHDに落とした映像は、HDで収録してHDで納品した映像よりもほとんどの場合シャープに見えます。解像感が凝縮され、一つひとつのピクセルの密度が高くなります。この法則にしたがえば、6Kで収録して4Kに落とした映像は、4Kで収録して4Kで完成させた映像よりも、シャープになるはずです。6Kはシャープな4K、HDを作るための最高の材料と言えます。

正しい略称は?

「ポケシネ6K」派と「BMPCC6K」派がいます。どちらの陣営にも熱心な支持者がいるのでどちらが正しいか明言するのは控えます・・・・・・と思ったんですが、とりあえず現時点で優勢な略称を記事のタイトルに入れておきました。でも心配なく。どの略称が正しい、正しくないということはありません。文字数がもったいのでどんどん略しちゃってください。「6Kシネマカメラ」でも、「あのRAWが撮れる6Kのカメラ」でも、「DaVinci Resolve Studioのライセンスを買ったら付いてくる例のすごいカメラ」でも通じます。たぶん。

対応解像度、フレームレートは?

6K60p、2.8K120pに対応しています。センサーの最大解像度は6144 x 3456で、センサーサイズは23.10mm x 12.99mm、有効画素数は約2100万画素です。

ダイナミックレンジは?

13ストップです。Pocket Cinema Camera、Pocket Cinema Camera 4Kと同じです。

収録コーデックは?

16bit Blackmagic RAWと10bit ProResに対応しています。

16bit? 12bitの間違いではないですか?

Blackmagic RAWのファイル自体のビット数は12bitですが、DaVinci Resolveに持ち込むと16bitに変わります。カメラ自体では12bitノンリニアで記録されて、DaVinci Resolveに持ち込まれたときに、そのデー