DaVinci Resolve Q&A(1)/どのように学べばいいの?

どうやって学べばいいの?

この質問はDaVinci Resolveについて最も頻繁に投げかけられるものの一つと言えます。「DaVinci Resolve Q&A」の第1回目として、系統立ててDaVinci Resolveを学べる方法についてご案内いたします。

日本語マニュアル

昨年11月、InterBEEの会期中、DaVinci Resolveの日本人ユーザーに大きな朗報がもたらされました。DaVinci Resolveのマニュアルがついに日本語になったのです。それまでDaVinci Resolveの日本語マニュアルのリリースは、DaVinci Resolveのユーザーの方々から最も寄せられることの多い要望の一つでした。その大きな要望がようやく実現されました。

一つ断っておかなければならないのは、このマニュアルがDaVinci Resolve 12のためのものであることです。DaVinci Resolve 12.5のマニュアルは1211ページもあるため、DaVinci Resolve 12.5の日本語マニュアルは今回は諦めざるを得ませんでした。しかし今回翻訳されたマニュアルは、12のバージョンのマニュアルを底本としているとはいえ、全部で857ページもあります。新機能は別にして、ほぼ全ての機能が網羅されています。これからDaVinci Resolveを学びたい方にも、あるいはDaVinci Resolveをある程度触っていて、もっと深く知りたいという方にも、強くお勧めいたします。

DaVinci Resolve 日本語マニュアル

日本語ウェブ講座

ブラックマジックデザイン日本法人では39本の動画を公開しています。これらはDaVinci Resolve 12.5のチュートリアル動画です。全体は「はじめに」、「メディア」、「エディット」、「カラー」、「デリバー」と5部に分かれています。もっとも充実しているのは「エディット」と「カラー」で、いずれも17回にわたって解説されています。

全部で3時間近くあるので見通すのには根気が必要ですが、DaVinci Resolveを一度も使ったことがない方でも、これを最初から最後まで通して観ればソフトウェアの全体像が理解できるようになるのではないでしょうか。あるいは特定の機能(例えばカラーのトラッキング、エディットのタイトルなど)の使い方を確認したい場合には、その回だけをご覧になるのも良いのではないかと思います。

DaVinci Resolve 12.5 ウェブ講座(再生リスト)

トレーニングコース

ブラックマジックデザイン日本法人では、毎月新宿ショールームにて有償のトレーニングコースを開催しています。少人数のハンズオンコースとなりますので、系統的にDaVinci Resolveを学ぶことができるだけでなく、わからない点などをお気軽に質問することもできます。ラップトップPCやMacBookを持ち込めばそれをそのままトレーニングで使用できますし、もしご希望の場合にはレンタルも可能です。

現在、DaVinci Resolveのコースは全部で4種類ご用意しております。難易度順に、「超初級」、「初級」、「カラー」、「中級」となっています。「超初級」は、動画編集ソフトも初めてというような方にオススメの入門編です。もし他のソフトウェアを使われたことがある方は、「初級」を推奨いたします。カラーグレーディングに関してより深く知りたい方には「カラー」、DaVinci Resolveのより細かな機能に精通されたい方は「中級」をご選択ください。

最新のトレーニングコースの情報につきましては、以下のURLをご参照ください。トレーニングコースに関する情報が定期的に更新されています。

DaVinci Resolve 12.5 トレーニングコース

2クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。