2019.09.27 (最終更新日: 2020.12.21)

動画クリエーターが選ぶべきCPUは?【Intel vs AMD 2019夏の陣】


上記画像はこちらよりお借りしました

編集用PCは、撮影機材と並んで極めて重要

クリエーターにとってPCの性能は、作業性・生産性に直結する問題です。
まず大前提として、Premiere ProCC(その他の動画編集ソフトでも)での編集においてはCPUパワーが重要です。動画ファイルの殆どは、形式は色々あれど圧縮されています。編集ソフトのタイムラインでプレビューする場合には、その圧縮を解く(デコードする)必要があります。それには主にCPUが使用されます。
一番重視するべきなのは編集時のプレビュー性能、つまり実際どれだけコマ落ちせずに快適に編集できるか?だと考えます。コマ落ちが多いと編集時にストレスがあるだけでなく、書き出し後ファイルの再生時と感覚がずれてしまいますので、確認にいちいちエンコードしなくてはならなくなります。動画ファイルを中間コーデックに変換したり、プロキシ作成という手もありますが、変換にはかなりの時間がかかってしまいます。つまり、無駄な時間を減らして快適性を求めるなら、CPUパワーが必要ということです。カラー補正・グレーディングやトランジションやテロップなどでは、GPU支援が大きくかかわってきますので、GPU性能も重要になってきます。

CPU比較でエンコード時間の比較記事はよく目にしますが、実際の編集中に肝となるプレビュー性能を検証した記事は、ほとんど見かけません。本記事は、Sony・Panasonic・FujiFilmの一眼動画ファイルを使用し、Adobe Premiere Pro CCでの編集中のパフォーマンスに重点をおいて検証します。

筆者:PC自作と一眼動画( こんな動画 例1, 例2 )を趣味としています。編集用PC構成に悩む人が多いため、以前VooKにクリエーター用のPC構成についての記事を投稿させて頂きました。有難くも好評であったとのことで、今回Vook様より依頼があり、2019年夏時点での検証記事を作成させて頂く事となりました。

最近のCPU事情について

かれこれ10年以上にわたって高性能CPUといえばINTELの寡占状態でしたが、2017年初めにAMDがRyzenという高性能CPUを発売し、急にINTELを脅かす存在に戻りました。それに対抗してIntelも多コア化して対抗し、結果的にユーザーにメリットがもたらされています。そして2019年夏に発売された新型RYZENでは、より多コア化しつつ周波数あたりの性能も上げてきました。
さて、メインストリームのフラグシップCPUで同価格帯のRyzen9 3900X(12コア24スレッド)とCore i9 9900K(8コア16スレッド)では、実際のAdobe Premiereでのパフォーマンスにおいて、どちらに軍配が上がるのでしょうか。AMDはついにIntelの牙城を崩すことができるのか?

PC構成(PC構成の詳細は後述あり)

9900Kで2つの設定を測定した理由

3900Xの定格は105Wですが、冷却性能が足りている場合は、142Wを超えない範囲で自動でクロックを上げる設定がなされています。
一方9900Kは、マザーボードのメーカーやBIOSのバージョンによって、設定に差が出ます。完成したPCの