音楽のライブやファッションショーで映像を投影する時に大抵はVJソフトで
コントロールしますがそんな時にあると助かるのがMIDIコントローラーです。

接続するとボタンが点灯してくれて見た目もサイバー感が満載♪
ですが、そのサイバー感が意外と役立ってくれたりします。

テクニカルブースは大抵暗いものでして、
物事を把握するのに視覚の能力が落ちるわけです。
(ステージ上でVJをする時にもその見栄えがパフォーマンスの向上に一役かってくれる♪)
なので、イベントなどで使うことを想定している機材は
入力された事を示すのに"点灯"で証明する機器が結構多い。

MIDIコントローラーにもその機能があるので、
暗い場所で仕事をする時に大いに助かります。

現場、特にイベント現場で映像を投影する機会があった場合、
"手元が明るい"という状況を作っておくコトが大事です。

今日のyoutubeにもそんなお話も紹介しているので、
是非、チェックしてみてください。

メインはMIDIコンの話何ですけどね。笑

5クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • まだコメントはありません