【 FUJIFILM X-T4 】映像クリエイターに向けて動画性能を充実させた新製品登場

富士フイルムから動画性能を充実させた新製品X-T4が間もなく発売!
動画ユーザーにお勧めのポイントをピックアップしてご紹介します

ボディ内防振機構

5軸 最大6.5段のボディ内防振機構を搭載

電子式ブレ補正

IBIS(ボディ内防振機構)/OIS(光学手ブレ補正機能)に加え、DIS (Digital Image Stabilizer) を搭載。

ブレ防止モードブースト

パン、チルトなしの位置固定前提での手持ちでの動画撮影時に効果を発揮

バリアングル液晶

LCDは動画撮影に便利なバリアングルタイプ

静止画 / 動画 メニューの独立

静止画と動画モードは STILL/MOVIE 切替ダイヤルにより瞬時に切替えられ、 動画メニューは静止画メニューと別管理となり操作性が向上

“MP4/AAC” フォーマット

“MOV/LPCM” に加え、Webへのアップロード等に便利な“MP4/AAC” フォーマットを追加

F-Log ビューアシスト

F-LogにBT.709 ガンマカーブ を当てて、最適な露出の確認がしやすくなります

クロップ倍率固定

1.29x クロップに倍率を固定可能
異なる動画モードで撮影しても画角が合わせやすくなります

マイクジャック設定

φ3.5mm のジャックにマイクレベルかラインレベルかのどちらで入力するかを選べます

新フィルムシミュレーション “ETERNA ブリーチバイパス”

独特の発色と、低彩度で高コントラストな絵づくり。

詳しくは
https://fujifilm-x.com/ja-jp/products/cameras/x-t4/

ご質問などはコメント欄にご記載お願いいたします。

10クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。