一回見ただけで覚えた気になるチュートリアル動画

YouTubeがインフラになったと言っても過言ではない中で、チュートリアル動画が盛り上がりを見せています。自分も最近は「DaVinciのスキマ」という題名で、初・中級者向けにDaVinci Resolveのチュートリアルをアップしています。

ただ、チュートリアル動画は、「動画」という受動的な媒体ゆえに、見ただけで覚えた気になって満足し、実際はあまり頭に入っていなかった、という場合も多々あります。一番大切なのは、自分で実際に手を動かして作ってみる事ですが、作り始めた過程で「あれ?前これどこかの動画で見たぞ!思い出せない」なんてことも。ついには過去に自分が見たチュートリアルの履歴を探したり、YouTubeで場面をシークしているうちに1日終わってしまた、なんて事もあるかもしれません。

そこで今回は、自分がチュートリアル動画を見る上で、普段からやっている事をいくつか紹介してみたいと思います。

動画の「しおり集」を作る

YouTubeであれば、動画の特定の時間のURLを取得することができます。具体的にはPCでYouTubeの画面を右クリックし、「現時点での動画のURLをコピー」を選びます。

それを「メモ帳」など簡易的なノートアプリに貼り付けます。つまりこれが、そのチュートリアル動画の「しおり」になります。

こうやって、チュートリアル動画の中で「これは絶対覚えておきたい」「一回見ただけでは忘れそう」という箇所のURLを取得していき、こまめにノートに整理してコピペしておけば、自分だけの「チュートリアル動画逆引きリファレンス」が完成します。

Macであればメモ帳の共有が便利

さらにメインのPCがMacで、スマホがiPhone、もしくはiPadなどのタブレットを持っている方は、iCloudで「メモ」を共有しておくと便利です。ノートブックでYouTube動画の特定時間のURLを