2020.07.11 (最終更新日: 2020.07.11)

【保存版】映像を上達させるために、何をどの順番でやるべきか。

この記事では、映像を上達させるための勉強法について、できる限り網羅的に順序立てて書いていきます。


皆様こんにちはー!
bird and insectの林です!

こちらの記事は、bird and insectにインターンに来てくれた方達向けに映像の上達のフローをまとめたものをリライトしたものです。(つまり社内向け資料を勝手に外に出してるものですw)
映像初心者の方が上達するための手引きになると同時に、中級者の方にとっても自分の知識を整理するきっかけになれば幸いです。


はじめに

さて突然ですが、あなたが本を買ったとします。死ぬほど安かったので100冊買いました。
家に持って帰ってきて、買った本を床に適当に積んでみました。
めっちゃゴチャゴチャしちゃいますよね。あーあ。
下の方の本はもう一生読まないかも。。

でも実は本を整理する素晴らしい方法があるんです。
それは本棚に並べることです。

当たり前だと思いましたか?

物事を学ぶ上での非効率は、
実は本棚を買わずに本を買うようなことを、頭の中でもしてしまうことにあると思っています。

この文章を読んでおくと、家の本棚とは別に自分の頭の中にも本棚が出来ると思います。あとはそこにいろんな本(知識)を入れていってみてください。

映像が上手くなるために

まず本棚の枠組みを作りましょう。

この方法は、映像だけではなく写真にも使えます。
と言いたかったのですが、実は映像という言葉は写真のことも含むらしいです。
ややこしいですね。
というわけで映像が上手くなる流れをなんとなくまとめます。

分かりやすくするために「上手い」という表現をしていますが、「自由自在に映像の力を操れるようになる」みたいな意味です。
僕もまだ全然下手なので、これから書くようなことを意識して上達出来たらいいなと思っています。

映像はなんとなく下記のような要素で出来ています。

上から順番に見ていくと、「あーここはわかるな」というところと「うわ全然わからないわ」というところがあると思います。

基本的には、上から全ての部分を通って最終的に出てくるのが自分の映像です。どこかが弱いと、それが表に表れてきます。
迂回して「それっぽく」見せたり、外注してクオリティを上げる方法もあります