2020.08.18 (最終更新日: 2020.08.18)

テロップのプロが語るテロップデザインのコツ 【VGT×ナカドウガ】

はじめに

年間約1万枚のテロップを作るプロから、テロップデザインの”考え方”と”作り方”のコツについてお話を伺いました。
見やすいテロップの作り方を、具体的な手法を交えてご紹介します。

登壇者

▼Twitter
https://twitter.com/douga_nakagawa
▼note
https://note.com/meec

イントロダクション

ナカドウガと申します。Twitterなどでテロップに関する情報を発信しています。普段は大阪でテレビ番組の編集をしており、年間で約1万枚のテロップをつくってタイムラインに並べたり、動かしたりという仕事をしています。
長い間やってきてテロップに詳しくなったので、今回は見やすいテロップを作る時の考え方というテーマでお話します。

”動画で発信する”ということが一般的になってきたことに伴って、テロップというものにもスポットが当たってきました。
テロップに見やすさを求めるという感覚はまだないかと思いますが、意外と大切なことです
今回は、テロップが見やすいとどんな良いことがあるか、そして見やすさをつくる時のコツをいくつかご紹介します。

見やすいテロップとは?


見やすいテロップを考えることは、見た目の差をつけることになります。
この見た目の差とは、映像と被らない色を選んだり、映像に埋もれない大きさにすることです。そうするとどんな良いことがあるかというと、見ている人に動画の内容がとても伝わりやすくなります。

テロップは”ニュアンスを伝える”もの


テレビでも動画でも、テロップを一文字ずつ全て読むということはあまりなく、基本的には流し読みされます。そんな中でのテロップの役割は、読ませるというよりもニュアンスを伝えるというのが本当のところです。

つまり、テロップをつくる時に意識したいのは文字をちゃんと読んでもらうことより、「どうやったらニュアンスが伝わるか」や、「内容を察する手助けができるか」を考えると良いと思います。
そのために”見た目の差をつける”というスキルが力を発揮します。

見やすいテロップをつくる4つのコツ


具体的に見た目の差をつける方法をご紹介します。
①背景との差をつける
②重要な文字はしっかり強調する
③見にくい色の組み合わせを知る
④文章