2020.08.03 (最終更新日: 2020.08.03)

背景をモノクロにするエフェクトの編集方法【Premiere Pro(プレミアプロ)】

はじめに

皆さん、こんにちは!
フリーランスで映像制作をしているTAKAです。

この記事ではPremiere Proを使って背景をモノクロにするエフェクトの編集方法をお伝えします!

被写体(一部の色)を簡単に目立たせることができるので、ぜひ試してみてください。

今回はマスクを使用した編集方法をメインにご紹介していますが、被写体と背景の色相が大きく異なる場合はマスクを使わなくてもクッキリと被写体を目立たせられるので、素材に応じて調整してみてください!
※この場合はご紹介する(1)の工程のみで完結します。

1)動画素材に『色抜き』を適用し、『保持するカラー』を選択する

タイムライン上に素材を追加できたら、エフェクトパネルから『色抜き』を適用します。
次に『保持するカラー』のスポイトツールで色を保持したい部分をクリックします。
※被写体と背景の色相が大きく異なる場合は、ここで『色抜き量』と『許容量』を調整して完成です!

2)動画素材の素材にマスクをかける

エフェクトコントロールパネルの『色抜き』からペンツールをクリックし、被写体の縁に合わせてマスクを設定していきます。
今回は大雑把にマスクをきっていますが、細かくきったほうが綺麗に仕上がるので用途に応じて使い分けてください。

3)マスクを被写体に追尾(トラッキング)させる

『色抜き』の『マスクパス』の再生ボタンをクリックし、マスクを自動追尾させます。
(2)の工程同様、より綺麗な仕上がりを目指す場合は、1フレームずつ手動でマスクをきってください。

4)マスクの範囲を反転させる

今のままだと被写体の内側にマスクがかかっている状態なので、『色抜き』の**『反転』にチェック**を入れます。

5)『色抜き量』を調整する

今回は背景をモノクロにするので、『色抜き量』は100%程度にします。

6)『マスクの境界のぼかし』を調整する

今回は自動追尾を使用しているので、上手くマスクをきれていない部分があるかもしれません。
その場合は『マスクの境界のぼかし』の数値を調整して、被写体のモノクロ部分が無くなるように修正します。


本日の解説は以上となります。
動画でも解説しているので、ご参考までにご覧ください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

6クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • まだコメントはありません