【映像制作スタートアップガイド】Vol.4 映像の編集方法を知ろう

Sponsored by Nikon
2020.11.05 (最終更新日: 2022.06.12)

Vol.1:「写真と映像制作の違いを知ろう」
Vol.2:「映像制作の機材を知ろう」
Vol.3:「映像の撮影と撮り方を知ろう」
Vol.4:「映像の編集方法を知ろう」
Vol.5:「映像の色づくりを知ろう」

Vol.4は、「 映像の編集方法を知ろう」についての解説です。

講師紹介

スチールとムービー、双方をビジネスとして扱われているbird and insectの林裕介氏が、写真と映像の違いや機材、編集方法についてご紹介します。

林 裕介 氏

bird and insect COO/Evangelist。カメラ設計者からフォトグラファー/シネマトグラファーになり、bird and insectを立ち上げ。Image Branding Partnerとして写真・映像を通した企業のブランディングを手がける。スキルを体系化して作品に落とし込んだり、「なんか良い」などの抽象的な概念を言語化するのが仕事。Youtubeチャンネルは開始半年で登録者7500人。

プロのビデオグラファーを目指す学校、はじまる。入学生募集中。

PR:Vook School

【映像制作スタートアップガイド】Vol.4 「映像の編集方法を知ろう」

さあ第4回!
今回はついにムービーの編集編です。

編集とは何か

まず、そもそもなぜ編集が必要なのでしょうか。
撮影したショットをただそのまま繋いで一本にするだけでは編集とは言えません。

編集は=意図を持って情報をひとつにまとめることが編集かなと思っています。

編集は大きく分けて、「短くする(省略する)」「強調する」「意味を与える」ために行います。

短くする

撮影素材をそのまま繋げただけでは、単純に一本の映像として長過ぎる場合がほとんどです。編集の大きな役割のひとつに、「適切な長さまで映像を短くする」ということがあります

強調する

編集によって元々のショットが持つ意味を強調することができます。
重要な部分だけを抜き出すことで意味を明確にしたり、効果音・エフェクトや、テロップで情報を足したり、視覚効果で動きなどをより強調できます

意味を与える

編集によって元々繋がりのなかった2つのカットに繋がりが生まれたり、単体では意味をなさないカットに意味が生まれたりします
同じカットでも編集の仕方によっては全く別の意味になったりします。
また、ブランドの印象などを「醸し出す」のも意味を与えることに含まれます。

編集ソフトはどれを使えばいい?

撮影が出来たらいよいよ編集です。
ここでひとつ迷うのは「一体どの編集ソフトを使えばいいんだ。。?」ということです。
大きく分けて個人・小規模プロダクションレベルで使う編集ソフトは以下の3つです。

Adobe Premiere
DaVinci Resolve
Final Cut Pro X

Adobe Premiere

ご存知Adobeが出している編集ソフトで、シェアNo.1のソフトです。になります。

Good
・多機能で「これが出来ない」という悩みが一番少ない
・編集からグレーディングまでの総合力が高い
・シェアNo.1だけあってウェブ上に情報が多い(結局編集って何かやりたいけどやり方わからない→検索する、の繰り返しなのでこれは大きな強み)
・Adobeの他のソフトとの連携がスムーズ。AEやPhotoshop,illustratorと連携してモーショングラフィックスやテロップを入れるのが得意

Bad
・グレーディングがやりにくい(というかDaVinci Resolveがやりやすすぎる)
・良い色が出ない(Lightroomと同じイメージ。スチールではこの色の問題でCapture Oneに乗り換える人が多い)
・最近バグが多い。。?
・有料!

Davinci Resolve

シネマカメラメーカーのBlackmagicが出している編集ソフトで、最近すごく勢いがあります。

Good
・とにかくグレーディングがしやすく良い色が作れる
・編集も最近のバージョンではものすごくしやすい。個人的にはPremiereよりもやりやすい
・スタビライザー(手ブレ補正)がめちゃくちゃ優秀
・PremiereよりもUI設計が理に叶っていてストレスが少ない
・実は極めると色々できる
・無料版でほとんどの機能が使える

Bad
・Premiereに比べると機能の豊富さでは劣る
・Fusionなど概念が理解しづらい機能がある

Final Cut Pro X

Mac純正の編集ソフトです。
私自身があまり使ったことないのであまり言及出来ないのですが、Final Cut使いの方はとにかくカット編集が早いと言います。
Nikon Z 7, Z 6(有償設定後)でのProresRAW収録を編集する際にも使用します。

おすすめの編集ソフトは?

個人的にはDaVinci Resolveが一番使いやすいですが、すべて使ってみて自分にしっくり来るものを選んでみるのが確実だと思います。

編集の実際の進め方

実際の作業に関しては既に沢山のチュートリアルが上げられていますし、bird and insectでもこちらに詳しい動画を出しています。

また、カットのスムーズな繋ぎ方に特化したチュートリアル動画も出しています。

< 覚えるべき「つなぎ」4種類 >

つなぎ方には色々な手法がありますが、まずはよく使う4種類を覚えておくと良いでしょう。

①要素つなぎ

連想ゲームのように同一の要素を繋いでいく方法
例)ある人の”足”から別の人の”足”というモチーフへ繋ぐ。
”雨”という天気や、”悲しみ”という感情など抽象的なもので繋ぐこともあります。

②アクションつなぎ

被写体の同質のアクションを繋いでいく方法
同じ役者の同じアクションをヒキからヨリに繋ぐのもアクションつなぎの一種。
例)ダンサーの”腕を振る”アクションからギタリストが”ギターを弾く”アクションへ繋ぐ。

③カメラムーブつなぎ

カメラの動きに合わせて繋いでいく方法。要素もアクションも異なる場合に滑らかに見せられます。スムーズトランジションもカメラムーブつなぎの一種です。
例:全てのカットをチルトアップで撮り、繋がっているように見せる。

④インサートつなぎ

主題から一度離れ、背景やモノなどのインサートをクッションとして挟んでから繋ぐ方法
例)寝て起きる人:主人公→電気を消す手元のヨリカット→暗転→朝になり鳥が鳴いているカット→起きる主人公

応用編 > 合わせ技
・アクション→カメラムーブつなぎの合わせ技
・カメラムーブ→アクションつなぎの合わせ技
 例)カメラの動きと走る電車の動く方向を合わせて繋ぐ。

番外編 > カメラ隠し
人の手・通行人・柱などを利用してカメラを隠し、次のカットに繋ぐ方法。
多用するよりはピンポイントで場面の転換に使うつなぎ方と言えます。

動画によりどれを使うと良いかを考えると、さらに動画制作が楽しくなると思います。

編集の実例から学ぶ

ここではより本質的に何を考えて編集に取り組んでいるのかを、主に編集の肝であるカット編集を対象として事例を見ながら解説していきます。

短くする

素材を適切な長さにカットします。

その際に、広角の画はやや長め、寄りの画はやや短めにすることが多いです。

別の言い方をすると画面の情報量が多い場合には長め、少ない場合には短くすることが基本になります。

ただし、敢えて短くすることで視聴者に情報を理解させる前に切り替えたり、逆に長くすることで重大な意味があるのではないか?と考えさせることもできます。

強調する

同じ印象を与えるものを続けることで印象を強調したり、視覚効果を加えることで元のカットが持つ雰囲気をより高めたりすることができます。

また、音を重ねることでその場の雰囲気がより伝わります。
インサートを挿入することで、よりそのプロダクトが持つ印象を視聴者に伝えることができます。

意味を与える

違う場所で撮影されたカットを繋げることで相互に関係性があるように見せたり、
視聴者が持つ疑問(この登場人物はどこを見ているんだろう?)に答えを提供したりします。

逆に答えを提示せず解釈を視聴者に委ねる(但し何かしら方向性は感じさせる)場合もあります。
自分でも予想しなかった意味が生まれる場合もあり、たくさんの映像を繋げてみる経験が大事だと思います。

まとめ

動画編集の解説としてはシンプルな形でしたが、このカット編集は「短くする」「強調する」「意味を与える」のどれだろう?と考えながら、他の人に聞かれたときに説明出来るように編集していくと、自然と良い編集になっていくのではないでしょうか。

最後にひとつおすすめの編集の練習方法のご紹介です。

上記の「短くする」「強調する」「意味を与える」を意識しながら、自分が「良い」と思う映像をダウンロードして、編集ソフトやframe.ioなどのコメントが書き込めるソフトに入れて分析してみる方法がすごくオススメです。

恐らくこの方法が撮影・編集を上達させる上では最短の方法です。
僕が分析している動画があるので是非観てみてください!

ぜひ分析・編集にチャレンジしてみましょう!

Vol.5では「映像の色づくりを知ろう」という事で、グレーディングについてご紹介します。

※Vol.5近日公開予定!!

bird and insect の情報はこちらから

bird and insect Information
bird and insect WEB
bird and insect Youtube channel

コメントする

  • まだコメントはありません
nikon

nikon@nikon

【Nikon Imaging Japan公式アカウント】 【Picture Perfect】プロクオリティの「写真」と「映像」の表現を広げる。 URL:https://vook.vc/p/nikon-z 【意外と知らない「写真」と「映像」の違い】まとめペ...

nikonさんの
他の記事をみる
記事特集一覧をみる