2020.12.04 (最終更新日: 2022.06.08)

ビデオにもスチルにも!これ1つで幅広いレンズに対応できる 魔法の可変式フィルターシステム「H&Y REVORING」を試してみた!

屋外でのビデオ撮影では可変式NDフィルターやCPLフィルターが必要不可欠。しかし、レンズ径毎にフィルターを複数準備したり付け替えの煩わしさに躊躇してる方も多いのではないでしょうか?

そんなニーズにまるっと応えるべく香港のフィルター専業メーカーH&Y社から登場したのが「H&Y REVORING Vari ND3-ND1000 CPL」。
こちらのフィルターは、同社が発売する可変式のステップアップリング「REVORING」に可変式ND(ND3~ND1000)とCPLを組み合わせた製品となります。
 
既に2020年7月にクラウドファンディングのKickstarterにて支援を募集していたもので、6,500万円以上の支援が集まり、2020年12月に一般販売も開始される予定。

今回は、実際に使用した感想や作例などをご紹介いたいます!

外観・操作性について

こんなギミック見たことない!画期的なステップアップリングシステム。

まずは外観についてご紹介します。

建材にも使用される強度の高い6063アルミニウムを使用しているとのことで、堅牢性はもちろん質感も良く高級感があります。
またCPLに加えて可変NDも簡単に操作できるようガイドピンがあり、フィルターの回転が簡単で扱いやすい仕様に。回転も適度なテンションがあり細かい調整も可能です。
マグネット式で着脱可能なレンズキャップもGOOD。(※マグネット着脱式レンズキャップは別売りです。)

レンズへの取り付けも至ってシンプル。

本体をレンズ径に合わせて絞ってレンズに装着したらわずかにひねるだけでしっかりと固定されます。
さらに可変NDフィルターとCPLフィルターも内蔵ですから、どれだけ着脱がラクチンになるかは言うまでもありませんね。


本体側面をひねると内蔵されたブレードが出てきて幅広いレンズ径に対応可能。

【3DCGクリエイター必見】人気企業であなたの3DCG技術を活かしませんか?

PR:映像業界の転職ならVookキャリア

フィルター性能の検証

着脱が簡単だけでは終わらない!
フィルター専業メーカーならではの高品位なフィルターワークを実現

「H&Y REVORING Vari ND3-ND1000 CPL」は、可変式ステップアップリング以外にもユニークな特徴があります。それは可変式NDフィルターに加えて、CPLフィルターも内蔵しているということ。

ビデオグラファーの方なら可変式NDフィルターは普段から利用されてる方も多いかと思いますが、CPLフィルターについては馴染みのない方も多いのではないでしょうか?

CPLフィルターとは、被写体の反射光をコントロールすることで、鮮やかな発色やコントラストが得られるフィルターのことで、水面や植物の葉、建物やガラス面などの表面反射を抑えたり、青空の色もより濃く鮮やかにするなど、被写体本来の色を引き出してくれます。

CPL活用作例

そんなCPLフィルターの効果を見ていきましょう!

上)CPLフィルター有り / 下)CPLフィルター無し

空を撮ると青空なのに白っぽく写る事がありますが、光の乱反射を除去することで空の色本来の青さがでます。さらに、紅葉など葉っぱの反射も抑えてくれてるので、青空と紅葉の鮮やかなコントラストが得られるのはPLフィルターならではの効果ですね。

また、CPLフィルターは水面の光の反射も抑えてくれるので、余計な写り込みを除去し水の中の被写体をフォーカスしたい時にも役立ちます。

上)CPLフィルター有り / 下)CPLフィルター無し

可変式NDフィルターとCPLフィルターを併用することで、青空と紅葉の鮮やかなコントラストに加え、ボケ感のある映像もこれ一つで簡単に撮影できてしまいます。

このように、可変式NDフィルターに加えてCPLフィルターも内蔵している「「H&Y REVORING Vari ND3-ND1000 CPL」」なら、屋外でのビデオやスチル撮影により良い結果をもたらしてくれることがご想像いただけると思います。

可変式ステップアップリング「REVORING」を使った感想

一味違う撮影表現がもっと手軽に!
H&Y REVORINGはフォトグラファーにもビデオグラファーにもオススメなマストバイグッズ

ここまで紹介してきたように、実際に「H&Y REVORING Vari ND3-ND1000 CPL」を使ってみた感想は、堅牢・手軽・高性能の三拍子がそろった画期的なフィルターシステムでした。

これまで大量のステップアップリングとフィルター選びで悩んできた方はぜひこれ1つで快適な撮影を試されてみてはいかがでしょうか?

既に可変式NDフィルターをお持ちの方には可変式ステップアップリング単体の「H&Y REVORING」も用意されているので是非そちらも参考にしてください。

【H&Y紹介】
H&Yは2006年創業の香港のフィルター専業メーカー。
角型マグネットフィルター、ドロップインCPL機構など、多くの画期的な商品を生み出す。
海外の雑誌が行ったテストでNo.1の評価を受けるなど、高い品質が多くのフォトグラファーに評価されている。

https://hy-filter-japan.com/

※こちらのマグネット式着脱レンズキャップは別売りです。

7記事を保存
記事を保存しておくと、
あとから見返すことができます。

コメントする

  • まだコメントはありません
Vook_editor

Vook編集部@Vook_editor

「映像クリエイターを無敵にする。」をビジョンとするVookの公式アカウント。映像制作のナレッジやTips、さまざまなクリエイターへのインタビューなどを発信しています。

Vook編集部さんの
他の記事をみる
記事特集一覧をみる