2020.12.08 (最終更新日: 2022.06.08)

取付け簡単!持ち運びも楽!良いとこどりの可変式ステップアップリング「H&Y REVORING」レビュー

はじめに

屋外での撮影時にNDフィルターなどレンズに取り付けるフィルターが必要な場面が多くあると思います。
しかし、複数のレンズやカメラを持っている場合、フィルターに合わせてステップアップリングや各フィルターを複数準備する必要があったりと運用面に問題も出てきます。

他にも、
・ステップアップリング/フィルターの複数管理
・付け替えが面倒
・複数枚の購入でお金がかかる。

といった問題点をすべて解決したのが、香港のフィルター専業メーカーH&Y社から登場した「H&Y REVORING」。
「REVORING」はレンズフィルター用可変式ステップアップリングで、これひとつでレンズ径が異なるレンズでもフィルターを取り付けることができます。
そして、REVORINGは5種類あり、お持ちのレンズ口径に合わせて選択が可能です。

・REVORINGラインナップはこちら
37-49mm用(52mmフィルター装着)
46-62mm用(67mmフィルター装着)
52-72mm用(77mmフィルター装着)
67-82mm用(82mmフィルター装着)
82-95mm用(95mmフィルター装着)

今回は、46-62mm用(67mmフィルター装着)を実際に使用したので、感想・使用感をご紹介いたいます!

【3DCGクリエイター必見】人気企業であなたの3DCG技術を活かしませんか?

PR:映像業界の転職ならVookキャリア

おすすめポイント!

①取り付け方がとても簡単。見た目もスマートに。

リング本体を回して、レンズ径に合わせて離すと、あっという間にフィット。あとはリングをひねればおしまいです。

<取り付け時の写真>

実際にレンズにつけてみると
従来のステップアップリングでは、口径が小さいレンズの場合、リングを重ねて使用する事が多く、レンズが長くなってしまいますが、REVORINGなら、リングとフィルターを1つずつ用意することでスマートに。

<通常のリングの長さ・HYリングの長さ比較>

<REVOGRING装着時の長さ>

②使用時の安心感

REVORINGは装着時にカチッと止まるわけではなく、回り続ける。
外れやすいのではないかと心配になったが、全く問題ありませんでした。

ケラレがない!のも大きいポイント。
ステップアップリングを複数枚重ねると、レンズが長くなる。それによって広角のレンズでは、ケラレという、レンズの四隅にフィルターが写り込んでしまう事象が発生する。
しかし、今回のリングではフィルターとレンズの距離が1枚分と近いため、ケラレが発生しませんでした。

<従来のリングでケラレ発生時の写真>

<REVORINGのケラレなし写真>

③携帯性

通常のステップアップリングだと、リングだけで複数枚所持する必要がありますが、
REVORINGでは最小枚数に集約が可能。
また、フィルターもレンズ径に合わせて複数枚の持参が必要でしたが、REVORINGがあればその数を大幅に減らすことができます。

<レンズ口径:左から49mm、46mm、46mm、58mm>

このレンズ群がまとめて1つのリングに集約可能!

<収納時の写真>

圧倒的省スペース。

こんな人にオススメ

従来のステップアップリングの上位互換とも言えるREVORING。

・レンズ径の異なるレンズを複数持っている方
・持ち運ぶ機材を極力減らしたい方
・ステップアップリング装着時のかっこよくカメラを使いたい方
・フィルター代を節約したい方

ステップアップリングとフィルターを使っている方全員におすすめしたい。

【H&Y紹介】
H&Yは2006年創業の香港のフィルター専業メーカー。
角型マグネットフィルター、ドロップインCPL機構など、多くの画期的な商品を生み出す。
海外の雑誌が行ったテストでNo.1の評価を受けるなど、高い品質が多くのフォトグラファーに評価されている。

https://hy-filter-japan.com/

9記事を保存
記事を保存しておくと、
あとから見返すことができます。

コメントする

  • まだコメントはありません
Vook_editor

Vook編集部@Vook_editor

「映像クリエイターを無敵にする。」をビジョンとするVookの公式アカウント。映像制作のナレッジやTips、さまざまなクリエイターへのインタビューなどを発信しています。

Vook編集部さんの
他の記事をみる
記事特集一覧をみる