今回の使用ソフト

Go Pro OMNIを使った360度動画を制作する際、スティッチは必ずと言って良いほどKolorのAutopano Video ProとAutopano Gigaを使用します。今回はこの二つのソフトウェアを使って、簡単に出来る限りキレイな仕上がりのスティッチを作るためのオススメ設定をご紹介します。

以前にも、三脚の消し方というタイトルで、Autopano Video ProとAutopano Gigaについての記事を書きましたが、途中で終わってしまっていました。改めて三脚の消し方についても書きますのでお待ちください。

ステップ1:取り込み

Go Pro OMNIで撮影した素材はOMNI Importerと呼ばれるソフトウェアによって、事前に簡易的にスティッチされた状態で読み込まれます。これはOMNIで録画する際に、同時にすべてのカメラが録画を開始するために、IN点によってスティッチする素材のタイミングをシンク出来るために可能になっています。この簡易的にスティッチされた動画は、Autopano Video Proによってネイティブに見られるようになっています。


参照:You-Tube Boundless

ステップ2:Autopano Video Pro

Autopano Video Proで最初に行う作業は正面を決めること、そして水平をとることです。

VR動画の正面を決める

VRの動画は2:1のアスペクト比の動画として見ることが出来るようになっており、この動画のちょうど真ん中がVR空間の真正面になります。そのためまずは正面に持ってきたい被写体を決めて動画のビュアーをマウスでクリック&ドラッグしながら動画のセンターに持ってくるようにします。

水平をとる

次に動画の水平をとります。VRの動画を見る環境は基本的にどこかの部屋かイベント会場ですが、それらの場所は普通に考えて平らな場所です。そのため、体験するVRの空間自体も平らな環境であれば割と簡単に没入感を得られることが出来ます。水平をとることは大切です。とりかたはとても簡単。Autopano Video Proのビュアー右下にあるグリッドのアイコンを押すと、ビュアー上にグリッドが現れます。あとは地平線、水平線、建物の支柱は壁など、真っすぐであるべきものに注目し、ビュアー上でも真っすぐに見えるように調整するだけです。調整の仕方は正面を決める時と同様、マウスを使ってクリック&ドラッグすることで出来ます。

BLENDモード

OMNI Importerで簡易的なスティッチされ、Autopano Video Proに取り込まれた素材は随分スティッチの繋ぎがはっきりと分かってしまいます。そのためBLENDモードの設定を変えることで、比較的容易にスティッチの切れ目を分からないようにすることが出来ます。

オススメの設定は
Blending: Multiband
Level: 10
Weighting: Iso cutting
です。

ステップ3:Autopano Gigaで細かい修正を行う

Autopano Video ProのBLENDモード設定を変えることで、画質のボヤケは無くなり、全体的にパキッとシャープにすることが出来ますが、それでもまだ多くのスティッチ問題が残っている場合が多いです。こういう場合は、Autopano Video Proだけでは対応することが出来ません。この場合ビュアーの左下にある「EDIT」アイコンをクリックすることで、自動的にAutopano Gigaが起動します。

この時の注意点は一つ。Autopano Gigaは動画の編集ソフトではなく、画像編集ソフトです。「EDIT」アイコンを押すと、その時にAutopano Video Proのタイムラインバーが選択しているタイムコード上のフレームを選択し、Autopano Gigaでフレーム画像として編集することになります。そのため、まずはAutopano Video Proのタイムライン上で、修正したいグリッチが存在するフレームを選択したうえで、「EDIT」アイコンをクリックしてください。

基本的にAutopano Gigaで修正を行いデータをセーブすると、Autopano Video Proにも自動的に修正が反映されます。この際、選択されAutopano Gigaに取り込まれたフレームに施された画像加工が、Autopano Video Proで残りのフレームに同じように適応されることになります。

Autopano Gigaでの細かい修正のコツについては、また次回書きます。

ステップ4:編集用の動画を書き出す

VRの動画を編集するためには、Autopano Video Proからインターミディエートコーデックの動画を書き出さなければ、Adobe PremiereやBlackmagic DaVinci ResolveなどのNLEに取り込むことが出来ません。この際に書き出す動画の設定ですが、基本的にはWindowsもMacの場合も以下の設定がベストだと思います。

レンダリング設定
Size: 3840x1920
Format: CineForm MOV
Profile: GoPro CineForm “High” 422
Audio Source: どれでも
Timecode Reference: Disabled
書き出し場所: 適当なストレージへ

今のところ、この設定で動画を書き出してDaVinci Resove 14で編集していますが、画質的にもなんら問題はありません。最終的に編集した動画を書き出してWEB上で確認する場合に、気を付けることはiPhoneでVRを見ないこと、くらいです。iPhoneはまだVRに対応しておらず4KのVR動画のストリームが出来ないため、VRは見られる画質ではありません。GearVRを持っている方はそちらで、そうでない方はPCのYou-Tubeにて360度動画として納品のクオリティをご確認されるのが良いかと思います。

0クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • まだコメントはありません