カクカクした動きのテキストの作り方(After Effects Tips)

今回は、カクカクした文字の演出方法をご紹介します。ウェディングやタイトルロゴなど様々なところで活用できる、とても簡単で可愛い演出です!

動画はコチラ

1. Photoshopで文字を描く

 Photoshopを立ち上げ、文字を入力

 フォントの上からなぞっていくので、お好きなサイズ・フォントで大丈夫です。

 新しいレイヤーを作り、文字の上をブラシツールでなぞっていく。

 フォントの上を手書きでなぞっていきます

 この作業を3回行い、手書きしたレイヤーを3枚作ります。(3枚以上作っても問題ないです!)

2. After Effectsで動かす

 先ほどPhotoshopで作った3枚のレイヤーを読み込み

 各素材を5フレームで切ります。

 切った素材を交互に並べていきます。

 お好みの秒数に達するまで複製します。

以上で完成です!

まとめ

フォントや書体、コマ数、スピードなどをお好みで調整して作ってみてください!

1クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • まだコメントはありません