映像制作版Wikipediaを目指して!Vookが映像クリエイターと共同で制作した『Vook 新・映像制作用語辞典』3つのポイント

2021.08.12 (最終更新日: 2022.06.14)

いつもVookをご覧いただきありがとうございます。Vookはこの度、映像制作のさまざまな「用語」についての解説をまとめた、映像制作版WikipediaVook 新・映像制作用語辞典』をリリースしました!

『Vook 新・映像制作用語辞典』 https://vook.vc/terms

今回は、この用語辞典を制作するに至った背景や、この取り組みによって解決できること、そして今後の展望までお話ししたいと思います。

映像制作は、いつも「わからない用語」との闘いから始まる

2016年に始まったVookは現在5周年を迎えました。

サービス開始当初から目指していたのは、映像クリエイターがそれぞれに持っている知識や経験を映像クリエイター同士で共有できること。たくさんの方が記事を書いてくださったことで、Vookは「知識や経験を共有できる場所」として、映像制作に関するさまざまな情報が集う映像クリエイターのための場所へとすこしづつ近づいてきました。

ただ、それでもなお映像制作の道のりにはたくさんのハードルがあると感じています。そのひとつが、「出てくる用語がわからない」という問題です。

皆さんも、Vookの記事を読んでいる際に「よく出てくるこの言葉、どういう意味?」「〇〇って何の機能のことだっけ…?」と感じたことはありませんか。でも、それらについてまとまった情報がすぐ手に入る場所は、これまでほとんどなかったはず。今すぐ知りたい本題からひととき逸れて、まずは単語の意味を調べるところから…なんて経験が、誰しもあるのではないでしょうか。

特に、「映像制作をこれから始めよう!」というビギナーの皆さんにとっては、ソフト名やその機能一つ一つの名称でさえ、初めて触れる言葉ばかりなのではないでしょうか。そうした時に感じる「映像制作ってなんかハードル高いよね」「どんどん制作したいのに手を止めないといけない瞬間が多いなあ」といった “ちょっとした面倒くささ”が積み重なって、大きな「負」になる場合も多いのではないかと思います。

プロのビデオグラファーを目指す学校、はじまる。入学生募集中。

PR:Vook School

映像制作に関する情報をひとつに!Vook 新・映像制作用語辞典3つのポイント

映像クリエイターと接する中で聞こえてきた本音。さらに、実はVookを運営していく中でスタッフも同じ「負」を感じていました。そこで生まれたアイディアが、この『Vook 新・映像制作用語辞典』です。


『Vook 新・映像制作用語辞典』 https://vook.vc/terms

本日リリースしたこの用語辞典。3つのポイントをご紹介します!

1、148の用語を、操作手順や実際の操作画面の画像と共に解説

第1弾となる今回のリリースでは、「After Effects用語集」で81語、「Premiere Pro用語集」で67語の計148の用語をカバー。それぞれのページでは、用語の示す基本的な意味の解説だけでなく、操作手順に沿った説明や実際の操作画面上での見え方などの画像情報も添えてあるので、理解し実践するところまでをサポートできるようになっています。


サンプル:Lumetriスコープ

2、Vook内の各記事と文中リンクで連携

用語辞典TOPページから各用語をチェックできるだけでなく、Vook内の記事の文中に登場する用語ともリンク。記事を読んでいる中でわからない用語があっても、リンクをクリックして用語辞典をチェックすれば、すぐに解消することができます。

今まで外部サイトや各ツールの公式サイトで調べていたものが、Vook内で完結できるようになりました!これによって、情報を調べるためにかけていた時間を圧縮し、映像制作そのものにかける時間を十分確保できるようにしたいと考えています。

3、プロフェッショナルな映像クリエイターが制作・監修として参画

用語辞典の制作では、ふたりの映像クリエイターに制作・監修として参画頂きました!

After Effects用語集を主に担当したのは、映像講師として活躍し、Adobe コミュニティエバンジェリストでもある山下大輔さん

Premiere Pro用語集を主に担当したのは、エディターとして活躍する傍らYouTubeチャンネル「SG EDIT」でPremiere Proについての情報発信を行う佐川正弘さん

それぞれのコメントも是非ご覧ください!

◆山下大輔さんコメント
After Effectsに限らずそのアプリケーションの背景に合わせて独特な用語が使われることが多いと思います。それは初めてそのアプリを触る方にとって一つの課題になります。このVookのAe用語集はその敷居をなるべく下げることを目的として監修しました

After Effectsは今注目度も上がってきているアプリケーションですが幅広い作業が行えるため様々な機能が搭載されています。2D/3Dアニメーションなどの独特な表現もあるのでわからなくなったらこの用語集を見返していただけるように作成しています。

このAe用語集が皆さんが使いこなすきっかけになることを期待します。After Effectsの世界をこの機会に紐解き楽しんでいただければ幸いです。用語を理解して快適なAe生活を!

◆佐川正弘さんコメント
Vook 新・映像制作用語辞典は基本的な情報をわかりやすく解説するのは勿論、私が現場作業で培ってきた注意点やTips等も各所に散りばめられておりますので、初心者の方だけでなく中級者・上級者の方にも楽しめるような内容になっています。

10年近くPremiere Proを使っている私も、制作・監修をさせていただく中で「こんな便利な機能が!!」「この用語の本当の意味はこうだったのか!!」と新たな発見の連続でした

1歩目からの勉強にも、知識にさらに厚みを持たせるにも適した辞典です。是非お楽しみ下さい!

公開生打ち上げ!?リリース記念の無料ライブ配信が決定!

用語辞典のリリースを記念して、山下大輔さんと佐川正弘さんをゲストにお招きしたライブ配信が決定!
「こんな機能あったの!? 」など、おふたりが制作の過程で知ったPremiere Pro & After Effectsの掘り出し情報なども公開予定。
配信中には、視聴者のみなさんの「この用語が難しい!」「このジャンルの用語辞典がほしい!」など生コメントも大募集します!
制作裏話から悩み相談まで、ゆるりとお話しする公開生打ち上げに是非ご参加ください♪

■Vook 新・映像制作用語辞典 リリース記念!生配信
・配信スケジュール:2021年8月17日(火)20:00~21:00(予定)
・配信URL:https://youtu.be/4P29ZMQHbhk
・ゲスト:山下大輔さん、佐川正弘さん、岡本俊太郎(Vook代表)

情報の集積地を目指して、今後もカバー範囲を拡大していきます

今回第1弾リリースとなったこの用語辞典ですが、まだまだ網羅できているとはいえません。鋭意制作を進めており、今後さらにカバー範囲を拡大予定です!

第2弾リリース予定:After Effects エフェクト用語集、Premiere Pro エフェクト用語集

今回対応した基礎用語に加え、それぞれのエフェクトについても対応していきます。エフェクトを使用して出来る表現やパラメーターについて、作例とともに解説。検索では、作例を見て「動きのイメージ」から用語を知っていくことも出来るようにしていきます。

第2弾リリース予定:DaVinci Resolve 用語集

Blackmagic Design社が提供するポストプロダクション・ソフトウェア「DaVinci Resolve」についても、Blackmagic Design社監修のもと制作を進めています!

Vookのコンテンツ制作に参加してみませんか?

最後に、Vookではこうした用語辞典やVook編集部発信の記事、各種イベントなどのコンテンツ制作に携わって頂けるコンテンツディレクターを募集しています。ご興味お持ち頂けた方は是非Wantedlyをチェックしてみてください!


▽コンテンツディレクター募集中!
https://www.wantedly.com/projects/534102

また、用語辞典第2弾の制作に参画頂ける制作サポートメンバーも募集中。是非「Vookでのコンテンツ制作に参加してみたい!」という方のご連絡をお待ちしております!

コメントする

  • まだコメントはありません
Vook_editor

Vook編集部@Vook_editor

「映像クリエイターを無敵にする。」をビジョンとするVookの公式アカウント。映像制作のナレッジやTips、さまざまなクリエイターへのインタビューなどを発信しています。

Vook編集部さんの
他の記事をみる
記事特集一覧をみる