DJIさんのご協力のもと、Osmo RAWをお借りしました!

触ってみてまず初めに思ったのは、組み立てるのが複雑・・・!
ということで、Osmo RAWの組み立て方を解説していきます!

DJI Osmo RAWとは?

 Osmo RAWOsmo + ZENMUSE X5R

Osmo RAWは、OsmoのハンドルとZENMUSE X5Rというカメラの組み合わせから成り立っています。X5Rは、もともとDJI社のドローン「inspire 1」に搭載するために作られたカメラです。そのカメラを手持ちで使おうってことでOsmoのハンドルにつけられるように設計されたのがOsmo RAWです。そのため、カメラをハンドルにつけるためのアダプターが必要であったり、バッテリーがOsmo用ではなかったりするので注意が必要です!

 OsmoハンドルとX5Rの接続部分。よく見るとX5Rのロゴが逆さまになっています。ちなみにその下の接続端子はフォローフォーカスなどをつける端子。

Osmoシリーズとの比較

  Photo by MyFirstDrone.com nhattao.com
Osmo(X3) / Osmo Pro(X5) / Osmo RAW(X5R)

Osmoシリーズの基本的な違いは、上に搭載するカメラの違いです。
X5R(Osmo RAW)の特徴は、マイクロフォーサーズセンサー搭載で、RAW(CinemaDNG)動画収録可能となっています。
X5(Osmo Pro)も同じくマイクロフォーサーズセンサーを搭載していますが、RAW動画収録には対応していません。

Osmo RAWの組み立て

DJIさんからお借りしたのがコチラ

 こちらが普通のOsmoをケースから取り出してベースに立てた状態です。
 Osmoのカメラ部分を取り外します。上の写真のロックを左に回すとロック解除されます。
 カメラ部分を外した状態。続いて、スマホホルダーがついたままだとアダプターを装着できないので、左のスマホホルダーも外します。
次に、こちらのアダプターを装着していきます。
 ハンドルの白いマークとアダプターの白いマークを合わせてはめます。
 接続部分と、スマホホルダーの部分をロックします。
 先ほど外したスマホホルダーを、アダプターの接続部分につけます。

 続いて、カメラ(ZENMUSE X5R)を付けていきます。こちらがX5Rの箱。
 カメラを装着。ファンのついている部分を手前にして、アダプターのへこみにあわせてはめます。

バッテリーについて

 Osmo RAWはバッテリーの消費が激しいのか、お借りした中に普通のOsmoのバッテリーは入っていませんでした。。。その代わりに、Phantom用のバッテリーを変換して外付けで変換して利用します。
 Osmo RAWのバッテリー運用方法。Phantom3のバッテリーをケーブルで外付けして使います。
 Phantom3の端子に繋いで使います。
※バッテリーの電源を入れないと電源供給されません! 電源はボタンを長押しです。

 Osmo RAW運用の様子。ポケットにバッテリーを入れて使っています。

※こちらの運用方法を使って見て感じたのは、
・バッテリーの持ち方に悩む。ポケットに入れて使っていましたが、Osmoの利点でもある機動性が失われてしまうので、工夫が必要です、、。
・Phantom3の端子が抜けやすい。バッテリーの接続部分になんのロック機構もなく、少しテンションがかかるとそのまま抜けてしまいます、、、。

という問題点がありますが、、、
こちらのPhantom3用バッテリーであれば、1日使っても持つくらいの余裕はあります! 僕も1日中つかってみましたが、iPhoneのバッテリーの方が早々に終わってしまいました!

スマホとの接続

 Osmoはスマホで制御します。こちらのDJI GOというアプリ(iOS/Android)をインストールします。

スマホとOsmoはWiFiで繋ぐので、Osmoのライブ配信をスマホから行う時はWiFi経由でできません!コレ結構ワナです!

Osmoの電源を入れ、スマホのWiFi接続設定から、Osmoに接続していきます。

WiFi ID: OSMO_XXXXXX
初期設定Pass: 12341234

 接続してアプリを立ち上げると、このように接続する機種を選ぶように指示されます。ここで、Osmo RAWを選択。
 このように操作画面が立ち上がれば接続成功です!

0クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • まだコメントはありません