2017.07.04 (最終更新日: 2020.12.21)

【Premiere Pro CC 2017.1】新機能エッセンシャルサウンドは使わない方が良い理由とトラブルシューティング

こんにちは。
みなさんは2017年4月から実装されたpremiere Pro の新機能
「エッセンシャルサウンド」を利用したことはありますか?

簡単に説明すると、
オーディオのミキシング・修復を行うオールインワンパネルです。

先日、「どんなものだろう」と使用して

痛い目にあいました。。

起こった問題・トラブルシューティングの全貌を共有するとともに、
みなさんは同じ苦しみを味わないよう、
ぜひこの機能を封印していただきたく思います。

クラッシュは突然やってくる

とある映像を編集しているときのことです。
ふと目にとまった「エッセンシャルサウンド」のウィンドウ。

「この機能で、どんなことができるんだろう」

何気なく、オーディオクリップに適用してみました。

効果が実感できる点もありましたが、
まだ実用性があるかは判断きませんでした。
私は、「エフェクトを削除」から
エッセンシャルサウンドを削除して作業に戻りました。

そこからじわじわと地獄が始まりました。。

  • アプリがすぐに落ちてしまう
  • 映像が正しく書き出されない(リンクファイルが表示されない、フェードが適用されない)
  • Lumetriがリセットされている。。。
  • オーディオクリップから音が再生されない。

2つの案件で同様の問題が発生しました。
つまり、こういうことです。

エッセンシャルサウンドを適用した時点で
プロジェクトファイルはクラッシュする。

こわすぎる、、!

トラブルシューティングの全貌

まず、下記3つの問題について。

  • アプリがすぐに落ちてしまう
  • 映像が正しく書き出されない
  • Lumetriがリセットされている

こちらはどうにもできませんでした。
エッセンシャルサウンドを適用する前の、
前日のバックアップファイルから編集しなおす羽目になりました。
辛いですねえ。

そして、

  • オーディオクリップから音が再生されない。

こちらについて、
Adobe カスタマーサポートのチャットサービスで問い合わせをしたところ、
このような回答をいただきました。

事例などを確認のところ、
エッセンシャルサウンドパネルからの適用にて
動作が不安定になってしまう現象につきまして、
弊社の環境でも類似の現象が起こることがございました。
恐れ入りますが、