【Premiere】部分的にモザイクをかけて追尾させる(トラッキング)方法

モザイクをかけて追尾させるのは、一コマ一コマかけてとても大変なんじゃ、、、と思われているではないでしょうか。

Premiere proでも簡単にできちゃうんです!

では、やっていきましょう。

制作例

1.[ビデオエフェクト]→[モザイク]

まずは、モザイクをかけたい映像を取り込みます。

[ビデオエフェクト]→[スタライズ]→[モザイク]

をかけます。

そうすると画面がこのようにモザイクがかかっていると思います。

2.モザイクの荒さを設定する

次にモザイクの荒さを設定します。
エフェクトコントロールパネルを開きます。

この数値でモザイクの荒さを設定できます。
今回は50で設定しました。

そうするとこのようになります。

3.部分的にモザイクをかける

このままだと全体にモザイクがかかっているので、部分的にかけます。(マスクを作る)
丸は丸い形に、四角は四角い形にモザイクができますが、今回は自由に形を変更できるペンでモザイクをしていきます。

モザイクかけたい部分に、ポイントを打っていきます。
打ち終わると、このように部分的にモザイクがかかるようになります。

4.モザイクを追尾(トラッキング)させる

最後にモザイクを追尾させます。
この再生ボタンを読み込ませると、自動的に追尾してくれます。

まとめ

車のナンバーが写り込んでしまったりなど、写ってはいけないようなものを隠すにはとても有効的です。
割と手間のかかる作業だと思ってる方も多いでしょうが、やってみて全くというほどの簡単さでした。
そして追尾精度が高いので、そこまで修正しなくても大丈夫なのかなと感じました。

7クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • まだコメントはありません