DaVinci Resolve14(ダヴィンチ・リゾルブ)を日本語で使う方法[初期設定]

ダヴィンチ・リゾルブを日本語化して使うには、デフォルトの言語設定を英語から変更する必要があります。
やり方も簡単で初めて使う時に日本語化してしまえば楽に作業することができます。画面の表示などは少し違いますがWindows Macどちらでも同じやり方で日本語化をすることができます。ここを詳しく説明した記事がなかったので紹介したいと思います。(9月11日:Davinci Resolve14でやり方が変わったので修正しました。)

新規プロジェクトを開く

初期設定が終わったらプロジェクトマネージャーがこのように起動します。日本語化のためには、なんでも良いのでプロジェクトを開きましょう。

環境設定を開く

ソフトが起動したら画面上の”DaVinci Resolve” をクリックします。その中にPreferences…(日本語:環境設定)という項目があるのでこれをクリックします。

日本語化設定をする


Preferencesの中には複数の項目があります。言語の設定の他にもメモリの割当量の変更などが行なえます。日本語化をするにはまず、画面上のタブをSystemからUserへ切り替えます。

Userタブの一番上のUI SettingsタブのLanguageを日本語にします。

設定が変更されると画像の表示が出てくるので、Resolveを再起動します。パソコンを再起動しなくても大丈夫みたいです。

日本語化完了

ソフトが再起動されると起動時の画面から日本語化されているのが確認できます。簡単にできるのでおすすめです!

6クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • まだコメントはありません