2017.08.26 (最終更新日: 2020.06.29)

やべデータを家のPCに忘れた!そんな時便利な「Chrome リモートデスクトップ」

忘れ物は家のPCの中

切羽詰まっている時、家に何か忘れ物ってしちゃいますよね。僕はよくします。
特にPCに入ってるデータを忘れることがよくあるんです。

手元に持ってるHDDにもデータはあるけど最新のプロジェクトは家のPCやねん、、そんなことありますよね。

そんな時、超便利なのが「Chrome リモートデスクトップ」

いわゆるPC遠隔操作アプリなのですが、これが超絶便利。
別のPCやスマホでもアクセス可能、解像度が良くヌルヌル動くのでテロップ修正くらいなら平気でできます。

さらにはとてつもなく重いデータがgigafileで来た、でも今は出先でダウンロードできない!
そんなときにスマホからアクセスして家のPC(回線の早いPC)でダウンロードして、映像を確認。
こんなこともできるかもですね。

Chromeの冠がついているように、Google製アプリなので色々と信用度が高い。
ブラウザのChromeのアプリとしてインストールできるのですが、Chromeを起動していなくても使えます。

有名なアプリだと「TeamViewr」や「Splashtop」などがありますが、一部課金であったりインストール方法が煩雑だったりしますよね。
本当はそっちのほうができることが多いのですが、今回はサクっとペペっとできる自分用の遠隔ソフトということでご紹介です。

ザクッとインストールから使用までを追って説明します

Chrome リモートデスクトップのインストール

それでは、動かされるPC(家のPC)側の設定をしていきます。
設定をします、とかいいながら説明をするほどでもない超絶かんたんなので飛ばして頂いてもかまわないです。

Google Chromeでこちらにアクセス

通常の拡張機能のようにダウンロード、インストール

するとGoogle Chromeのアプリ欄に追加されます

僕は使用したことないのですが、リモートサポートを使って知り合いのPCを触ることもできるんですね。
これを使えば、例えばPCを教えてあげるであったり、映像編集を手伝ってあげるってこともできるかもしれないですね。

この画面が出てきて満足せずに、マイコンピュータへ進み、管理者権限を承認するアプリをダウンロード。
そこで承認しなければ勧めません。

それらがダウンロード、認証できれば完了。

同じgmailのアカウント認証されているデバイスであれば、PINコード(6桁の数字)のみで入ることができます。

それでは、動かしてみましょう。

僕はよくスマホでアクセスするので、適当にアプリをダウンロード。
もちろんアンドロイド版もiPhone版もあります。

自分のPCを選んで、PINコードを入力

すると現在のPC画面が出てくる


これ、スマホの画面なの!?

ってくらい高画質、そして普通に触れる、普通に編集できる。
マウスじゃないから指で操作するのが少しなれないけど、5分するとマジで慣れます。
もちろん別のPCでも同じようにできます。そっちのほうがマウス使えるし、遅延や画質も変わらないので良い感じ。

逆に細い回線のときに画質を落としてサクサク動かしたいとか、細かい設定はできないようなのでそのへんはご愛嬌ですね。

忘れものが多くても対策をすれば大丈夫

忘れ物をなくすために対策するのも大切ですが、忘れ物をしちゃっても大丈夫なように対策するのも大切ですよね。

こうゆうアプリがあればおっちょこちょいなあなたも大丈夫!

さあ一緒に忘れ物ライフを充実させましょう!!

    0クリップする
    クリップしておくと
    あとからいつでも
    見返したりできます。

    コメント

    • まだコメントはありません