どうやってお仕事もらう?

フリーランスのクリエイターにとって、どうやってお仕事を頂いていくのかという事は大きな悩みといっても良いと思います。これは独立直後に限ったことではなく、何年も働いていてもこの心配はつきまといます。会社であればお仕事を頂くために活動してくれる営業員さんがいると思いますが、フリーになった以上、自分ひとりでやっていかないといけません。とはいえクリエイターにとってみれば営業よりも制作に時間を費やしたいと思うのは仕方ないことだと思います。そもそも制作したいからフリーになったのですから、そこは譲りたくないはずですよね。
そこで、自分以外で活躍していくれる営業マンを手に入れる簡単な方法をまとめていきたいと思います。どうぞ最後までお付き合いください。

【3DCGクリエイター必見】人気企業であなたの3DCG技術を活かしませんか?

PR:映像業界の転職ならVookキャリア

優秀な営業マン

お客様からご依頼をもらっきてくれる優秀な営業マン、欲しいですね。
もちろん可能です。しかも費用はそれほど掛かりません。なぜならここで言う優秀な営業マンとは「名刺」のことだからです。
「でも名刺って、名前、連絡先と書いて渡すだけのものですよね」と思ってますか?もちろんそれの情報も含まれていますので間違いではありませんが、それだけで終わらすのはもったいないと思いませんか?少しの工夫で名刺が活躍してくれるようになります。順に解説してみたいと思います。

名刺の流れ

まず、名刺がどのように使用されるか考えてみましょう。交流会に参加した場合をイメージしてください。

A:「はじめまして、Aと申します。」 名刺を渡します。

B:「ありがとうございます、Bと申します。」 相手も名刺を受け取り確認します。

名前、連絡先が書いてあれば、名前を確認しますが、それ以外の情報が名刺になければそれで確認は終わってしまいます。職業の記載があれば、例えばビデオグラファー書いてあれば「映像作られてるんですね~」となり、そこからは自己紹介をスタートしていくことになりますが、私のような人見知りの人間にはこれは結構大変で、実際の商談に入る前に話しの突破口を見つけるのが大変でした。本題に入る前に雑談をして少し仲良くなっておくと商談が和やかに進みやすくなりますので、ここでの雑談は大切です。
ちなみにこの雑談のことを「話の準備体操」と言っていますが、講演会やセミナーなどでも頭の準備体操を行うと受講者への伝達効果が上がるという結果もあるようです。

ひとこと説明を追加してみる

では、そこで、名刺に一行追加してみましょう。
「あなたのエンディングビデオを撮ります」
と書いたとします。すると名前の確認が終わった時に名刺を見た相手はおそらく、これについて聞いてくると思います。「エンディングビデオってどんなモノなんですか?」あるいは「私のエンディングビデオも撮ってるんですね~」と言ってくれるかもしれません。共有の話題がひとつできました。しかもお客様から質問してくれるのでグッと話しやすくなりました。質問があるということはつまり興味を持って頂けているということですので、話をしても聞いてもらえる可能性が高いハズです。

このように、名刺に一行追加するだけで、話のきっかけを掴むことができます。興味を持って頂けた方には持参したポートフォリオ等を見てもらって更に話を具体的にすることも出来ます。

説明を補足するコピーを考える

では、これで名刺が営業マンのように活躍してくれるでしょうか?まだ充分ではありません。出会ったその場では盛り上がったとしても、その盛り上がりは本人しか覚えていないと思います。職場に戻って上司に報告したり、後日他の人に紹介したいと思うようなアピールを名刺にしてもらう為に、説明をもう少し工夫してみましょう。
ポイントとしては下記のようなところを意識します。
* 短い言葉でまとめる
* 相手にとってどんなことが叶えられるのかを書く

具体的な例を考えると、
「あなたの歴史を映画にします」
「伝えたかった言葉を映像でお届けします」
といったように具体的なものがイメージできるようにまとめます。これを書いた名刺を見た方はきっと「エンディングビデオ」というものが何かイメージ出来ると思います。また、分かりやすく伝わったイメージは記憶にも残りやすいのでエンディングビデオ等の映像を作ろうという話の時はきっとこの名刺を思い出してくれるでしょう。

さらに出来るヤツにする

名刺を思い出した方は、実際の名刺を探すでしょう。この時にやはりインパクトのある名刺の方が見つけやすいので、厚みや色といった他にないデザインにするのは有効です。しかしながら、他の名刺と違ったサイズにした場合は、他の名刺と分けて保管されるかもしれません。この場合発見される可能性が下がってしまうかも知れませんので、形状は似たものにしておく方が良いと思います。
そして、発見された名刺は、営業トークを始めます。さぁ、この時の為に裏面を活用しましょう。事業内容や出来ることを目一杯書いてください。このタイミングで裏面まで確認してくださっている方は、名刺(私)に興味津々のはずです。きっと初見のときよりもじっくり見てくれると思います。
そして、表面に戻って、連絡先にアクセスしてくれることでしょう。

以上のように、名刺は工夫次第で優秀な営業マンになってくれます。特に独立したばかりでいろんなところに売り込みに行く際には、見た目のインパクトよりも、仕事内容の伝わりやすさやが大事な面もあると思います。デザイナーさんでデザイン重視の名刺を作る場合は、もう一種類のわかりやすい名刺も用意しておくと良いと思います。
何かの参考になりましたら嬉しく思います。

8記事を保存
記事を保存しておくと、
あとから見返すことができます。

コメントする

  • まだコメントはありません
ishimizu

いしみず@ishimizu

3DCG制作を行っております。 1969年生まれのおじさんです。45歳で独立し2017年株式会社フィジカルアイを愛媛県今治市で設立。3DCGを活用したコンテンツ制作を生業にしながら前職からの経験をいろいろと書き溜めておこうと思います。

いしみずさんの
他の記事をみる
記事特集一覧をみる